Hatena::Groupianhu

永井和の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-08-18国際学術シンポジウム『戦時における性暴力根絶のための国家責任履行

国際学シンポジウム戦時における性暴力根絶のための国家責任履行と市民社会役割21:21 国際学術シンポジウム『戦時における性暴力根絶のための国家責任履行と市民社会の役割』 - 永井和の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 国際学術シンポジウム『戦時における性暴力根絶のための国家責任履行と市民社会の役割』 - 永井和の日記 国際学術シンポジウム『戦時における性暴力根絶のための国家責任履行と市民社会の役割』 - 永井和の日記 のブックマークコメント

 8月14日(この日は韓国では日本軍慰安婦」を偲ぶ記念日となっています)にソウルで開催されたシンポジウム戦時における性暴力根絶のための国家責任履行と市民社会役割』に参加してきました。

 主催韓国女性政策研究院(Korean Women's Development Institute)で、この機関韓国政府女性家族部の外郭機関シンクタンク役割をはたしている。後援は韓国女性家族である韓国女性政策研究院のパク・ソンヨン上級研究員の話では、韓国女性家族部が「慰安婦問題」でこのような学術シンポジウムを開催するのは今回がはじめてのことだという。数ヶ月前に女性家族部が「慰安婦白書」を来年末をメドに刊行する計画を進めていることが、一部の新聞報道されたが、今回のシンポジウムも現朴政権の「慰安婦問題」に対するこのような政策の一環をなすものと思われる。

 報告および討論はいずれも興味深いものであったが、私の語学力の不足と時間的余裕がないのとで、詳しい紹介は省略したい。ただ、ご参考のために、プログラムを以下に掲げておく。

International Scholars Symposium

The Fulfillment of State Responsibility and the Role of Civil Society in Ending Violence against Women in Armed Conflicts

Opening Session

Congratulatory Remark: Heejung Kim, Minister of Gender Equality and Family

Ihkpyo Hong, Chair, Congressional Subcommittee on the issue of the Japanese Military Comfort Women

Welcoming Remarks: President, Korean Women’s Development Institute

Congratulatory Video Messages

Yonah Kim Martin, Senator of Canada

Radihka Coomaraswamy, Global professor, New York University School of Law, Former UN Special Rapporteur

Keynote Speech: Mee-hyang Yoon, Representative, The Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan

Chair: Prof. Heisoo Shin, Ewha Womans University, GSIS, UN CSECR

Session l: The Problem and Truth about Sexual Violence in Wartime

1.Recent Movement and Historical Recognition of the Problem of Japanese Military Sexual Slavery “Comfort Women” in Japan

Prof. Yayo Okano, Doshisha University, Japan

2.The Real State and the Historical Problem of “Comfort Women” in China

Prof. Zhiliang Su, Shanghai Normal University, China

3.The Truth of the System of Japanese Military Brothels

Prof. Kazu Nagai, Kyoto University, Japan

Session 2: The State’s Responsibility and the Role of Civil Society in Ending Sexual Violence in Wartime

4.The Korean Government’s Measures and Future Tasks Regarding “Comfort Women” Issues

Prof. Sei Young Cho, Dongseo University, Korea Former Director-General of the Ministry of Foreign Affairs in Korea

5.The Role and Alternatives of lnternationa1 Law in Solving the Problem of Sexual Violence in Wartime

Prof. Koki Abe, Kanagawa University, Japan

6.The Rights of “Comfort Women” Survivors and the State’s Responsibilities

Prof. Jae Seung Lee, Konkuk University, Korea

7.The Importance of the Women, Peace and Security Agenda to achieving Gender Equality and Sustainable Peace

Erin-Claire Barrow, Women’s International League for Peace & Freedom<<

トラックバック - http://ianhu.g.hatena.ne.jp/nagaikazu/20140818