Hatena::Groupianhu

kmiura このページをアンテナに追加 RSSフィード


日常生活では、どんな店屋の主人でもしごくあたりまえに、ある人が自分がこうだと称する人柄と、その人が実際にどういう人であるのかということを区別することぐらいはできるのに、わが歴史記述ときては、まだこんなありふれた認識にさえも達していないのである。それは、あらゆる時代を、その時代が自分自身について語り、思い描いた言葉どおりに信じ込んでいるのである。    『ドイツ・イデオロギー』

私家版・従軍慰安婦問題のリンク集(2008・8)

070611

[][][][] ビルマラングーンの「慰安所」情報 23:31 はてなブックマーク -  ビルマラングーンの「慰安所」情報 - kmiura  ビルマラングーンの「慰安所」情報 - kmiura のブックマークコメント

ビルマラングーンの「慰安所」情報。3冊の本からの抜粋。

@国立でむぱ研究室櫻分室

http://d.hatena.ne.jp/dempax/20070603#p1

1,

『改定縮刷決定版 大東亜戦争秘史●マレー/ビルマ編』(富士書苑 1954/07/25発行)p.239-p.256讀賣新聞社記事審査部主査 若林政夫「イラワジ戦記」より抜粋引用

2.

以下は 高崎隆治編著『教科書に書かれなかった戦争part.17 100冊が語る「慰安所」・男のホンネ アジア全域に「慰安所」があった』(梨の木舎 1994/12/08 isbn:4816694056 )より孫引き[■に続く文章は高崎隆治氏の解説]

ラングーン 1942年

ビルマ日記』榊山潤著 南北社 1963年9月

3.

『戦場と記者』小俣行男著 冬樹社 1967年3月[引用者注:小俣行男『戦場と記者 日華事変太平洋戦争従軍記』(古書価300円)より補足しておく.補足部分は青字]

トラックバック - http://ianhu.g.hatena.ne.jp/kmiura/20070611