Hatena::Groupianhu

kmiura このページをアンテナに追加 RSSフィード


日常生活では、どんな店屋の主人でもしごくあたりまえに、ある人が自分がこうだと称する人柄と、その人が実際にどういう人であるのかということを区別することぐらいはできるのに、わが歴史記述ときては、まだこんなありふれた認識にさえも達していないのである。それは、あらゆる時代を、その時代が自分自身について語り、思い描いた言葉どおりに信じ込んでいるのである。    『ドイツ・イデオロギー』

私家版・従軍慰安婦問題のリンク集(2008・8)

080807

おまけ 19:17 はてなブックマーク - おまけ - kmiura おまけ - kmiura のブックマークコメント

日本軍の慰安所の設置の司令部だった内務省警保局、その全く同じ部署が米国のための慰安所(かの有名なRAA)を作ったってのがなんともまあ。

政府は一九九六年十一月二十六日の参議院決算委員会で私の質問に対し、昭和二十年八月十八日付「外国軍駐屯地における慰安施設設置に関する内務省警保局長通牒」について、「鋭意探しておるところでございますが、発見には至っておりません。」と答弁した。その後、改めて警察庁に調査を求めたが、今日にいたるまで同文書は提出されていない。それは何故か。故意に廃棄したのか、それとも紛失したのか。

質問主意書 質問第一一号

「外国軍駐屯地における慰安施設設置に関する内務省警保局長通牒」の保管等に関する質問主意書

参議院 平成十年十月十六日 吉 川 春 子

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/syuisyo/143/syuh/s143011.htm

tatsmakitatsmaki2008/08/12 18:50グルジア戦争はイ・米悪の枢軸の世界再分割戦争の一環だ

 グルジア戦争は、ユダヤ人の旧祖国ハザール王国(ウクライナとロシア南部を中心とする広大な旧領土)の再建を目指すイスラエル・米国悪の枢軸の長年の夢の実現のためのシオニストらの戦略に従った最初の措置だ。
 グルジアのCIAの手先サーカシビリ大統領と、ウクライナのCIAの手先ユーシェンコ大統領を使って、グルジアの南オセチアの分離・独立運動への血の弾圧でロシアと軍事紛争、戦争を起し、それをイスラエル・米・NATO対ロシアの戦争に拡大して、第3次大戦に拡大しても、シオニストらの戦略的目的を遂げようとする巨大犯罪の一環が、イスラエルの武器と軍事訓練を受けたサーカシビリによる今回の南オセチア攻撃だった。
 日本でも売国自公政権は、07年に8000億ドル=88兆円を米ブッシュ政権に貢いで米ブッシュ政権に戦争資金を差出しながら、他方では年間3万人以上の自殺、貧困拡大深化、派遣その他の無権利拡大、残業代略奪、ネット難民化、老人殺しを推進している。福田自公売国政権を直ちに退陣させ、総選挙で政権交代させよう。
 詳細は: http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/55.html

トラックバック - http://ianhu.g.hatena.ne.jp/kmiura/20080807