Hatena::Groupianhu

kmiura このページをアンテナに追加 RSSフィード


日常生活では、どんな店屋の主人でもしごくあたりまえに、ある人が自分がこうだと称する人柄と、その人が実際にどういう人であるのかということを区別することぐらいはできるのに、わが歴史記述ときては、まだこんなありふれた認識にさえも達していないのである。それは、あらゆる時代を、その時代が自分自身について語り、思い描いた言葉どおりに信じ込んでいるのである。    『ドイツ・イデオロギー』

私家版・従軍慰安婦問題のリンク集(2008・8)

070807

[] テキストおこししてくれる方募集。 23:12 はてなブックマーク -  テキストおこししてくれる方募集。 - kmiura  テキストおこししてくれる方募集。 - kmiura のブックマークコメント

件の米国下院決議「H . Res . 121」(決議の和名はさだまっていないみたいだが)に関してStiffmuscleさんのエントリーでも強調されていますが1910年の「醜業を行わしむる為の婦女売買禁止に関する国際条約 」および1921年の「婦人及児童の売買禁止に関する国際条約」は、従軍慰安婦国際法から眺めるときにキーポイントとなる文書で、今回の決議にとどまらず、頻繁に引用されます。しかしながら、電子化されたテキストは今のところネット上でみかけず、アジア歴史資料センターにスキャン画像があるのみです。そこで次の電子テキスト化を行うことは重要だろう、と思っています。

1、婦人及児童の売買禁止に関する国際条約 (2007・08・09 終了)

http://www.jacar.go.jp/ レファレンスコード A01200543100 (リンク

全33ページ、テキスト化するべき部分は9ページから11ページまでの14条です。

2、醜業を行わしむる為の婦女売買禁止に関する国際条約

http://www.jacar.go.jp/ レファレンスコード A01200543200 (リンク

全31ページ、テキスト化するべき部分は6ページから10ページまでの12条です。

以上、テキスト化(翻刻)をしてくださる、という方がいらっしゃるようでしたら、お願いします。作業の後に、それぞれのキーワード婦人及児童の売買禁止に関する国際条約」及び「醜業を行わしむる為の婦女売買禁止に関する国際条約 」に和訳の項を追加し、掲載します。

[追記]

Siffmuscleさんの6日付けコメント欄

http://d.hatena.ne.jp/Stiffmuscle/20070806/p1#c1186374018

このあたりの国際法に関する情報も解説に付け加える。

[][] 「醜業を行わしむる為の」は、はじめました。 05:10 はてなブックマーク -  「醜業を行わしむる為の」は、はじめました。 - kmiura  「醜業を行わしむる為の」は、はじめました。 - kmiura のブックマークコメント

醜業を行わしむる為の婦女売買禁止に関する国際条約

第一条

何人たるを問わず他人の情欲を満足せしむる為醜行を目的とし(て)未成年(の)婦女を勧誘し誘引しまたは拐去したる者は本人の承諾を得たるときと雖又右犯罪の構成要素たる各行為が異なりたる国に亙りて遂行せられたるときと雖罰せられるべし

第二条

何人たるを問わず他人の情欲を満足せしむる為醜行を目的として詐欺に依り又は暴行、脅迫、権力濫用其の他一切の強制手段を以て成年の婦女を勧誘し誘引し又は拐去したるものは右犯罪の構成要素たる各行為が異りたる国に亙りて遂行せられたるときと雖罰せらるべし

三条

締約国は現に其の法制が前二条に定むる犯罪を防(過)するに十分ならざるときは右犯罪を其の軽重に従い処罰する為必要なる措置を執り又は右措置を各自の立法機関に提案すべきことを約す

四条

締約国は本条約の目的に関し自国に於て既に制定し又は制定することあるべき法令仏蘭西共和国政府を介して互に通報すべし

第五条

第一条及第二条に定むる犯罪は本条約実施の日より締約国間の既存条約に依り引渡を要すべき犯罪中に当然挿入せられたるものと看做さるべし

前項の規定が現行法令を変更するに非ざれば之を実行すること能はざるときは締約国は必要なる措置を執り又は右措置を各自の立法機関に提案すべきことを約す

第六条

条約に定むる犯罪に関する司法事務の嘱託は左の方法に依り之を行う

一 司法官(??)の直接の(通)信

ニ 被嘱託国に駐在する嘱託国の外交官又は領事官の仲介 (該)官吏は直接に当該司法官憲に司法事務嘱託書類を送達し且該官憲より右送達の実行を確証する書類の送達を直接に受くるものとす

(前記二箇の場合に於ては被嘱託国の上級官憲に対し同時に常に該司法事務嘱託書類の謄本を送付すべきものとす)

三 外交手続

各締約国は他の各締約国(より?)する司法事務の嘱託に付其の認容する前記嘱託方法(を)該国に宛てたる通告を以て知らしむべし

本条第一号及第二号の場合に為さるる嘱託に関して生ずることあるべき一切の粉(争?)は外交手段に依り処理せらるべし

別(?)の協定ある場合を除く(?)外司法事務嘱託書類は被嘱託国官憲の用語若は爾関係国間に協定したる国語を以て作成せられたるものなるか又は右爾語中の一を以て作成(せ)られたる訳文(嘱託国の外交官若は領事官又は被嘱託国の宣誓を為したる通(訳)の認証あるもの)を添付したるものなることを要す

(途中まで。上記カッコ、はてなは、拡大して検討する必要のある部分)

ni0615ni06152007/08/08 10:06kmiuraさんおはようございます。
ご援助いただいた作業が遅々として進まず、ご迷惑をおかけしています。
ようやくAnnexを設けました。
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/478.html
ここは「リンク」を先に設けて、あとから「リンク先ページ」を書くというやり方です。「リンク先ページ」をまだ作っていないときは「?」マークがでます。
~~~~
ところでkmiuraさん、ゆうさんのページにあるような
http://www.geocities.jp/yu77799/bookguide.html
分かりやすい文献案内はどこかにありますか?

kmiurakmiura2007/08/08 19:39こんにちは。リンク先みてみました。これはすごいですね。頭が下がります。

文献案内について思いつくのは
http://www.geocities.jp/ianfu99/index.html
問題のまとめとしてはここがよくまとまっています。ただ、本の案内、という形式ではないですね。

monyupomonyupo2007/08/08 23:21「婦人及児童ノ賣買ニ関スル国際条約」を作成中。
http://d.hatena.ne.jp/monyupo/20070807

kmiurakmiura2007/08/09 02:48ありがとうございます。遅々としていますが、こちらも続行します。

ni0615ni06152007/08/09 09:51kmiura さんこんにちは。レス有難うございます。
> 文献案内について思いつくのはhttp://www.geocities.jp/ianfu99/index.html
問題のまとめとしてはここがよくまとまっています。
同感です。さっそくhttp://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/481.htmlここに紹介します。ただ、みなさんが「全面論」をどこでも展開するので、「従軍慰安婦肯定論は小難しい」という印象が強くなってしまいますね。
ここはkmiura さんか永井先生に、「中学生でもわかる資料案内」=リンクを含む2000字以内、を書いて頂かなくてはなりませんね。

kmiurakmiura2007/08/10 00:25私は適任ではないと思います。私のほうはなにせ「ネットでなにを知ることができるのか」という限定付きなので。問題の中心はなにか、ということを指摘するような文章はそのうち書こうかと思っています。

nagaikazunagaikazu2007/08/10 10:50ni0615さんへ
>ここはkmiura さんか永井先生に、「中学生でもわかる資料案内」=リンクを含む2000字以内、を書いて頂かなくてはなりませんね。

 残念ながら、文献案内に関しては、私もその適任ではありません。もともと、慰安婦問題は私の専門ではないうえ、これに関する文献はかなり膨大です。きちんとした文献案内を書こうと思うと(中学生にもわかるかたちで書くためには、通常よりも神経使います)、再読、未読を含めてたくさんの文献を読まないといけませんが、この夏休みは他の仕事に追われて、時間を割くことができません。
 そもそも私が実名でネットに登場するようになったきっかけであるebizohさんとの議論がそうであったように(また、私の「日本陸軍の慰安所政策について」がすでにそうであったように)、このグループでの、私の当面の課題は、「慰安所システム=戦地公娼制度」論批判にあると考えて、自分なりにプランはたてているのですが、それすらもなかなか思うように進んでいません。
 というわけで、はなはだ申し訳ありませんが、ni0615さんのご要望には、今のところ応じられそうもありません。

ni0615ni06152007/08/10 13:07kmiuraさん、nagaikazuさん
お気を煩わせてしまいすみません。余計なことをいってご迷惑をおかけしました。
確かにこの問題は中学生向けではないのかも知れませんね。「戦争と性」の問題は日本人の意識から遠ざけられています。難題ですね。

しかし、西岡力とか西村幸祐とかいう人が「よくわかる」入門書を書いていると思うとしゃくの種です。「肯定派は小難しい」と思われるのは仕方ないのでしょうか?

トラックバック - http://ianhu.g.hatena.ne.jp/kmiura/20070807