Hatena::Groupianhu

kmiura このページをアンテナに追加 RSSフィード


日常生活では、どんな店屋の主人でもしごくあたりまえに、ある人が自分がこうだと称する人柄と、その人が実際にどういう人であるのかということを区別することぐらいはできるのに、わが歴史記述ときては、まだこんなありふれた認識にさえも達していないのである。それは、あらゆる時代を、その時代が自分自身について語り、思い描いた言葉どおりに信じ込んでいるのである。    『ドイツ・イデオロギー』

私家版・従軍慰安婦問題のリンク集(2008・8)

070622

[] マンダレー駐屯地慰安所規定のテキスト化 2 22:28 はてなブックマーク -  マンダレー駐屯地慰安所規定のテキスト化 2 - kmiura  マンダレー駐屯地慰安所規定のテキスト化 2 - kmiura のブックマークコメント

19日付から移動しました。

http://ianhu.g.hatena.ne.jp/kmiura/20070529/1180455227

の続き、ということになりますが、Phlsさんが、一部テキスト化してコメント欄に上げてくれました。ありがとうございます。

[追記] その後もPhlsさんが続きを少しづつアップしてくれています。ありがたや。このエントリーの下方にどんどん追加する予定。

はじめまして。Phlsと申します。マンダレー駐屯地慰安所規定の第一章を抜き出してみました。

役に立たないかもしれませんが、よろしければお使いください。

もし、誤りが多いなど如何なる理由からであっても不必要でしたお手数ですが、消去してください。

旧字体は新字体に改めました

@は難しくて読めなかった旧字体です

?は読み方に自信の無いところです

駐屯地慰安所ニ関スル規定

第一章 総則

第一条

本規定ハ駐屯地慰安所ニ関スル必要ナル事項ヲ規定ス

二条

慰安所ハ日本軍人軍属ニ於テ使用スルヲ本則トスルモ軍人軍属ノ使用ニ支障ヲ与エサル限度ニ於テ左記ノ各項ヲ厳守ノ上当分ノ中「マンダレー」在住ノ日本人ハ二四三0以降ニ限リ特ニ登@ヲ許可ス、従ツテ二四、三0以前ニ於ル立入リハ之ヲ厳禁ス

左記

1.軍人軍属ノ遊興ヲ妨害セサルコト

2.規則ニ違反シ又ハ風紀ヲ紊ス如キ行為@ナサル(ル?)コト

3.登@時刻以前ニ於ル予約ヲ厳禁ス

4.料金ハ全テ将校ノ額トス

5.前各項ニ違背セル者ニ対シテハ許可証ヲ引上ケ爾後立入ヲ禁止スル外其ノ行為ノ如何ニ拠リテ(?)ハ其商社ハモトヨリ日本人全部ヲ禁止スルコトアルへシ 但シ奥地等ヨリ来@者ニシテ右ノ時間以降ニ登@シ得サル特別ノ事情アルモノニ限リ日本人会長ハ自己(注1)ノ(?)責任ヲ以テ其ノ都度予定時間資格氏名等ヲ記入セル証明書ヲ本人ニ交付シ之ヲ@主ニ明示スルニ依リ開業時間内適宜登@スルコトヲ得

三条

本規定ニ将校トアルハ准士官見習士官及高等文官(注2)同待遇嘱託ニ又下士官トアルハ判任文官同待遇嘱託雇員ニ兵トアルハ待遇ヲ定メサル嘱託同雇員及傭人ニ適用ス

四条

慰安所ニ於ケル軍紀風紀非違行為ノ取締リハ巡察将校又ハ駐屯地司令部娯楽係将校下士官ヲ以ツテ行フヲ本則トス

第五条

慰安所使用日ハ下士官兵ニアリテハ各隊外出日トス

第六条

慰安所ニ出入スル下士官兵ハ外出証ヲ有スルモノニ限リ且ツ部隊ノ規定セル部隊標識及階級章ヲ附スルモノトシ慰安所内ニ標(?)示シアル注意事項ヲ厳守スルモノトス

第七条

慰安所ニ於テ営業者ハ慰安婦ヨリ不当ノ取扱ヲ受ケルカ或ハ金銭等ノ強要ヲ受ケタル場合ハ直チニ其ノ旨ヲ所属隊長ヲ経テ駐屯地司令部ニ報告スルモノトシ如何ナル場合ト雖モ殴打暴行等ノ所為アルベカラス

第八条

慰安所ニ於テ規定ヲ履行セサルモノハ直チニ其ノ使用ヲ禁止スルノミナラス駐屯地会報ヲ以テ一般ニ告知シ要スレバ当該部隊ノ使用ヲ一時停止スルコトアリ

注1 この下に「日本人会長 村田八朗」との記入あり

注2 この下に数字が1、2、3と振ってあり、文章が記入してあります

不分明で判別できませんが

2の下に、おそらく「兵」及び同行」という記入があります

3の下に「不合格者ヘ登@」という記述があります

注の参照:PDFページ標示の248

第二章の抜き出しです。

旧字体は新字体に改めました

@は難しくて読めなかった旧字体です

?は読み方に自信の無いところです

第二章

第九条 

(略)

第十条

慰安所の使用時間及ヒ料金ハ別紙第一に拠ルモ状況ニ依リ変更スルコトアリ

第十一条

慰安所経営者ハ各慰安婦室ノ入口並ニ見易キ箇所ニ木札ヲ以テ慰安婦ノ@名及合不合格ヲ掲示シ置クモノトス

第十二条

設備費及患者治療費ハ全テ経営者ノ負(?)担(?)トスルモ営繕ニ関スル簡単(?)ナル設備ハ軍ニ於テ実施スルコトアリ

十三条

経営者ハ其ノ月ノ売上高ヲ翌月五日迄ニ別紙第二ノ様式ニ拠リ駐屯地司令部ニ提出スルモノトス

第十四条

貨物廠等ヨリ交付ヲ受クヘキ調味品類其ノ他ノ必需品ハ所要一ヶ月前ニ駐屯地司令部ニ請求スルモノトス

残りも出来るだけ早いうちにやります

第三章です。

旧字体は新字体に改めました。

?は読み方に自信の無いところです。

¥は判読不可能なところです。

第三章  衛生

第十五条

慰安所ニ必ス消毒所ヲ経営者ニ依リ設置スルモノトス

第十六条

消毒所ノ消毒設備ハ灌(?)水器ニ一万倍ノ過\\液ヲ満タシ置クモノトス

第十七条

「サック」(星秘膏)ヲ使用セサル者ハ遊興セシメ(?)サルモ(?)ノトス

第十八条

遊興者及其ノ相方ハ毎回(?)消毒所ニ於テ確実ニ消毒ヲ行フモノトス

十九条

慰安婦ノ健康ニ就イテハ経営者ハ特ニ注意シ営業開始前慰安婦ヲシテ軍ノ実施スル一般身体検査及局部検査ヲ受ケシムルモノトス

第二十条

毎週一回慰安婦ノ身体検査ヲ実施シ其ノ程度ニ依リ左ノ如ク区分シ其ノ証標ヲ慰安婦ニ所持セシムルモノトス

左記

合格  営業ヲ許可セラレタル者

不合格 休業スヘキ者

第二十一条

経営者慰安婦)ハ軍人軍属ヨリ毎週ノ検査成績ノ提示ヲ要求セラレタル時ハ之ヲ拒ムコトヲ得ス

長々とコメント欄を埋め尽くして(そしてまだ埋め尽くすことになりますが)申し訳ないですが、ご容赦ください。

[追加]

一応、最後です。

@は読み方の分からない字

?は読み方に自信のない箇所で、この記号の左の文字が自信がありません。

尚、以前には書き忘れましたが、以前の?の使用法も同様です。

¥は判別不可能な箇所です

第四章 雑則及其ノ他

第二十二条

管理部隊ハ別紙第三ノ慰安所注意事項ヲ営業所ニ掲示スルモノトス

第二十三条

慰安婦ノ他出ニ際シテハ経営者ノ証印アル他出証ヲ携行セシムルモノトス

別紙第一(注1)

慰安所使用時間及ヒ遊興料金表

区分  時間       遊興時間  遊興料金  

兵   自  一0,00  三十分   一円五十

    至  一七、00

下士官 自  一七,00  四十分   二 00

    至  ニ一、00        

将校  自  二一,00  五十分   三 00 

    至  ニ四、00        

    自  二四,00  

    至翌 八、00   泊リ    八 00


備考 商社関係使用者ハ規定第二条ヲ厳守スルモノトス


別紙第二(注2)

¥月日          慰安所名    印 ←ここの印は丸で囲まれています

    慰安所売上ゲ報告

¥月日          経営者氏名

区分  遊興人員  売上高  摘(?)要

将校

下士官

備考  現在¥ル慰安婦名ヲ¥欄ニ記入スルモノトス


別紙第三

慰安所ニ於ケル軍人軍属其ノ他使用者ノ守ル可キ注意事項

一.大日本帝国軍人軍属及日本人タル事ヲ自覚シ其ノ威信ヲ失墜スルカ如キ行為ヲナサ¥ルコト

ニ.特ニ防諜ニ注意スルコト

三.慰安所ニ於テ使用スル通貨ハ「ルピー」又ハ「ドル軍票」タルヘキコト

四.料金ハ規定ノ料金表ニヨリ現金ニテ予メ支払ヒタル後遊興ヲナスヘキコト

五.過度ノ飲酒者ハ遊興セサルコト

六.従業員(慰安婦ヲ含ム)ニ対シ粗暴ノ振舞ヲナサザ(?)ルコト

七.「サック」(星秘膏)ヲ必シ使用シ確実ニ洗@(注3)ヲ行ヒ性病予防ヲ完全ナラシムルコト

八.規定ノ時間ヲ厳守スルコト

昭和 年  月  日 「マンダレー」駐屯地司令部  印 ←ここの印は四角で囲まれています

注1、注2

別紙の第一、第二は表になっていて、表の枠に合わせて字の大きさが変わっています。

注3 おそらく「洗浄」の「浄」だと思われます。

校訂は後日少しずつやっていくつもりです。』

[追記] 24日、Phlsさんによる見直し。太字が追加、取り消し線が削除。

dempaxdempax2007/06/23 01:17
> 国際社会はそんなに甘くない

日経だとか東洋経済がこういう煽動記事を載せるのがわからない.

kmiurakmiura2007/06/23 01:42ネット版を編集している人間が違うのかもしれませんね。

PhlsPhls2007/06/23 03:55一応、最後です。

@は読み方の分からない字
?は読み方に自信のない箇所で、この記号の左の文字が自信がありません。
尚、以前には書き忘れましたが、以前の?の使用法も同様です。
¥は判別不可能な箇所です

第四章 雑則及其ノ他

第二十二条
管理部隊ハ別紙第三ノ慰安所注意事項ヲ営業所ニ掲示スルモノトス

第二十三条
慰安婦ノ他出ニ際シテハ経営者ノ証印アル他出証ヲ携行セシムルモノトス

別紙第一(注1)
慰安所使用時間及ヒ遊興料金表

区分  時間       遊興時間  遊興料金  

兵   自  一0,00  三十分   一円五十
    至  一七、00

下士官 自  一七,00  四十分   二 00
    至  ニ一、00        

将校  自  二一,00  五十分   三 00 
    至  ニ四、00        

    自  二四,00  
    至翌 八、00   泊リ    八 00


備考 商社関係使用者ハ規定第二条ヲ厳守スルモノトス


別紙第二(注2)

¥月日          慰安所名    印 ←ここの印は丸で囲まれています
    慰安所売上ゲ報告
¥月日          経営者氏名

区分  遊興人員  売上高  摘(?)要

将校

下士官





備考  現在¥ル慰安婦名ヲ¥欄ニ記入スルモノトス


別紙第三
慰安所ニ於ケル軍人軍属其ノ他使用者ノ守ル可キ注意事項

一.大日本帝国軍人軍属及日本人タル事ヲ自覚シ其ノ威信ヲ失墜スルカ如キ行為ヲナサ¥ルコト

ニ.特ニ防諜ニ注意スルコト

三.慰安所ニ於テ使用スル通貨ハ「ルピー」又ハ「ドル軍票」タルヘキコト

四.料金ハ規定ノ料金表ニヨリ現金ニテ予メ支払ヒタル後遊興ヲナスヘキコト

五.過度ノ飲酒者ハ遊興セサルコト

六.従業員(慰安婦ヲ含ム)ニ対シ粗暴ノ振舞ヲナサザ(?)ルコト

七.「サック」(星秘膏)ヲ必シ使用シ確実ニ洗@(注3)ヲ行ヒ性病予防ヲ完全ナラシムルコト

八.規定ノ時間ヲ厳守スルコト

昭和 年  月  日 「マンダレー」駐屯地司令部  印 ←ここの印は四角で囲まれています


注1、注2
別紙の第一、第二は表になっていて、表の枠に合わせて字の大きさが変わっています。

注3 おそらく「洗浄」の「浄」だと思われます。

校訂は後日少しずつやっていくつもりです。

kmiurakmiura2007/06/23 05:21ありがとうござました。表の部分は、キーワードに上げるときにフォーマットします。校正をお手伝いしたいのですが、来週木曜までは無理そうです。

PhlsPhls2007/06/24 02:37訂正
第一章 第二条
×立チ入リ
○立入リ

×2.規則ニ違反シ又ハ風紀ヲ紊ス如キ行為@ナサル(ル?)コト
○2.規則ニ違反シ又ハ風紀ヲ紊スカ如キ行為@ナサル(ル?)コト

×3.登@時刻以前ニ於ル予約ヲ厳禁ス
○3.登@時刻以前ニ於ケル予約ヲ厳禁ス

「左記の5」
×其商社ハモトヨリ日本人全部ヲ禁止スルコトアルへシ
○其ノ商社ハモトヨリ日本人全部ヲ禁止スルコトアルへシ

「左記の5」
×責任ヲ以ツテ其ノ都度
○責任ヲ以テ其ノ都度

「左記の5」
×明示シ依リ
○明示スルニ依リ

「左記の5」
×開業時間内適宜登@スルヲ得
○開業時間内適宜登@スルコトヲ得

とりあえず今日はこんなところで。

PhlsPhls2007/06/25 01:23訂正
第一章 第四条
×慰安所ニ於ケル軍紀風紀非違行為
○慰安所ニ於ケル軍紀風紀及非違行為

第七条
×慰安所ニ於テ営業者ハ慰安婦ヨリ
○慰安所ニ於テ営業者又ハ慰安婦ヨリ

第七条
×所為アルベカラス
○所為アルヘカラス

第八条
×慰安所ニ於テ
○慰安所内ニ於テ

第八条
×履行セサルモノハ
○履行セサル者ハ

第八条
×要スレバ
○要スレハ

第二章

×第二章
○第二章 経営

第九条
×(略)
○慰安所ニ於ケル料金ハ軍ノ定ムル軍票ニ依ルモノトシ其ノ他ノ物品ヲ以テナスコトヲ得ス

第十条
×慰安所の
○慰安所ノ

第十二条
×設備費及患者治療費
○設備費及患者ノ治療費

別紙第二
×慰安所売上ゲ報告
○慰安所売上高報告

一応、全部を目を通しました。少しずつ、もう一度目を通します。

PhlsPhls2007/06/28 04:18訂正の追加

第二条
×従ツテ二四、三0以前ニ於ル
○従ツテ二四・三0以前ニ於ケル

第六条
標(?)示シアル←『掲示』の方が可能性が高そうです

残りはまた後日でお願いします。

kmiurakmiura2007/06/29 02:01ありがとうございます。該当箇所、訂正しました。

PhlsPhls2007/06/29 21:25遅くなりましたが、出張お疲れ様でした。

ええと、本題なんですが、失礼ですが、Kmiura様はこのコメント欄の中頃にある、私の訂正の「第四条~別紙第二」を見落としてらっしゃるようです。ご確認頂ければと思います。
それと、一度訂正を入れた全文を張った方がいいでしょうか?それをベースに再度検証していくという方がいいと思うのですが、どうでしょうか?
こちらなら、「第四条~別紙第二」の修正もしなくて済むので楽だと考えます。

それと全然関係のない話になってしまいますが、「マンダレー」駐屯地慰安所規定の第十二条、十五条というのは、『軍が業者に負担を強いている』という解釈でいいのでしょうか?
というのも、慰安婦が高給取りだったか否か、という論点に絡んでくるんですが、「日本人捕虜尋問報告 第49号」に「慰安婦は業者に搾取された」という旨の記述が出てきます。しかしそれは軍による「業者への搾取」乃至「軍が業者に課した負担義務」が原因で、業者が「命じられた負担義務を果たすため」などの理由によって慰安婦の方から搾取したという可能性もあるのではないかと。

kmiurakmiura2007/06/29 23:03そうですね、訂正した全文をはっていただけたら、上の本文を差し替えます。のちに私も元の画像を眺めて、この漢字はこれでいいんじゃないか、とかコメントしたいと思います。

業者による負担と、業者による慰安婦の搾取に関しては、すこし考えてからコメントしたいのですが、ぱっと思ったのは、49号ないしは「心理戦報告書2号」に、どんな名目で慰安婦が給料の天引きを受けたかという記述があったと思います。

PhlsPhls2007/06/30 01:41@は難しくて読めなかった旧字体です
?はその左側が読み方に自信の無いところです
¥は判読不能なところです

駐屯地慰安所ニ関スル規定

第一章 総則

第一条
本規定ハ駐屯地慰安所ニ関スル必要ナル事項ヲ規定ス

第二条
慰安所ハ日本軍人軍属ニ於テ使用スルヲ本則トスルモ軍人軍属ノ使用ニ支障ヲ与エサル限度ニ於テ左記ノ各項ヲ厳守ノ上当分ノ中「マンダレー」在住ノ日本人ハ二四・三0以降ニ限リ特ニ登楼ヲ許可ス 従ツテ二四・三0以前ニ於ル立入リハ之ヲ厳禁ス

左記

1.軍人軍属ノ遊興ヲ妨害セサルコト
2.規則ニ違反シ又ハ風紀ヲ紊スカ如キ行為ヲ(?)ナサル¥コト 
3.登楼時刻以前ニ於ケル予約ヲ厳禁ス
4.料金ハ全テ将校ノ額トス
5.前各項ニ違背セル者ニ対シテハ許可証ヲ引上ケ爾後立入ヲ禁止スル外其ノ行為ノ如何ニ拠リテ(?)ハ其ノ商社ハモトヨリ日本人全部ヲ禁止スルコトアルへシ 但シ奥地等ヨリノ来@者ニシテ右ノ時間以降ニ登楼シ得サル特別ノ事情アルモノニ限リ日本人会長ハ自己(注1)¥責任ヲ以テ其ノ都度予定時間資格氏名等ヲ記入セル証明書ヲ本人ニ交付シ之ヲ楼主ニ明示スルニ依リ開業時間内適宜登楼スルコトヲ得


第三条
本規定ニ将校トアルハ准士官、見習士官及高等文官(注2)同待遇嘱託ニ又下士官トアルハ判任文官同待遇嘱託雇員ニ兵トアルハ待遇ヲ定メサル嘱託同雇員及傭人ニ適用ス

第四条
慰安所ニ於ケル軍紀風紀及非違行為ノ取締リハ巡察将校又ハ駐屯地司令部娯楽係将校下士官ヲ以ツテ行フヲ本則トス

第五条
慰安所使用日ハ下士官兵ニアリテハ各隊外出日トス

第六条
慰安所ニ出入スル下士官兵ハ外出証ヲ有スルモノニ限リ且ツ部隊ノ規定セル部隊標識及階級章ヲ附スルモノトシ慰安所内ニ掲示(標示?)シアル注意事項ヲ厳守スルモノトス

第七条
慰安所ニ於テ営業者又ハ慰安婦ヨリ不当ノ取扱ヲ受ケルカ或ハ金銭等ノ強要ヲ受ケタル場合ハ直チニ其ノ旨ヲ所属隊長ヲ経テ駐屯地司令部ニ報告スルモノトシ如何ナル場合ト雖モ殴打暴行等ノ所為アルヘカラス

第八条
慰安所内ニ於テ規定ヲ履行セサル者ハ直チニ其ノ使用ヲ禁止スルノミナラス駐屯地会報ヲ以テ一般ニ告知シ要スレハ当該部隊ノ使用ヲ一時停止スルコトアリ

第二章 経営

第九条 
慰安所ニ於ケル料金ハ軍ノ定ムル軍票ニ依ルモノトシ其ノ他ノ物品ヲ以テナスコトヲ得ス

第十条
慰安所ノ使用時間及ヒ料金ハ別紙第一ニ拠ルモ状況ニ依リ変更スルコトアリ

第十一条
慰安所経営者ハ各慰安婦室ノ入口並ニ見易キ箇所ニ木札ヲ以テ慰安婦ノ@名及合不合格ヲ掲示シ置クモノトス

第十二条
設備費及患者ノ治療費ハ全テ経営者ノ負(?)担(?)トスルモ営繕ニ関スル簡単(?)ナル設備ハ軍ニ於テ実施スルコトアリ

第十三条
経営者ハ其ノ月ノ売上高ヲ翌月五日迄ニ別紙第二ノ様式ニ拠リ駐屯地司令部ニ提出スルモノトス

第十四条
貨物廠等ヨリ交付ヲ受クヘキ調味品類其ノ他ノ必需品ハ所要一ヶ月前ニ駐屯地司令部ニ請求スルモノトス

第三章  衛生

第十五条
慰安所ニハ(?)(注3)必ス消毒所ヲ経営者ニ依リ設置スルモノトス

第十六条
消毒所ノ消毒設備ハ灌(?)水器ニ一万倍ノ過¥¥液ヲ満タシ置クモノトス(注4)

第十七条
「サック」(星秘膏)ヲ使用セサル者ハ遊興セシメ(?)サルモノトス

第十八条
遊興者及其ノ相方ハ毎回(?)消毒所ニ於テ確実ニ消毒ヲ行フモノトス

第十九条
慰安婦ノ健康ニ就イテハ経営者ハ特ニ注意シ営業開始前慰安婦ヲシテ軍ノ実施スル一般身体検査及局部検査ヲ受ケシムルモノトス

第二十条
毎週一回(?)慰安婦ノ身体検査ヲ実施シ其ノ程度ニ依リ左ノ如ク区分シ其ノ証標ヲ慰安婦ニ所持セシムルモノトス

左記

合格  営業ヲ許可セラレタル者
不合格 休業スヘキ者

第二十一条
経営者(慰安婦)ハ軍人軍属ヨリ毎週ノ検査成績ノ提示ヲ要求セラレタル時ハ之ヲ拒ムコトヲ得ス

第四章 雑則及其ノ他

第二十二条
管理部隊ハ別紙第三ノ慰安所注意事項ヲ営業所ニ掲示スルモノトス

第二十三条
慰安婦ノ他出ニ際シテハ経営者ノ証印アル他出証ヲ携行セシムルモノトス

別紙第一(注5)
慰安所使用時間及ヒ遊興料金表

区分  時間       遊興時間  遊興料金  

兵   自  一0,00  三十分   一円五十
    至  一七、00


下士官 自  一七,00  四十分   二 00
    至  ニ一、00        


将校  自  二一,00  五十分   三 00 
    至  ニ四、00        

    自  二四,00  
    至翌 八、00   泊リ    八 00


備考 商社関係使用者ハ規定第二条ヲ厳守スルモノトス

別紙第二(注6)

¥月日          慰安所名    印 ←ここの印は丸で囲まれています
    慰安所売上高報告
¥月日          経営者氏名

区分  遊興人員  売上高  摘(?)要

将校

下士官





備考  現在¥ル慰安婦名ヲ¥欄ニ記入スルモノトス


別紙第三
慰安所ニ於ケル軍人軍属其ノ他使用者ノ守ル可キ注意事項

一.大日本帝国軍人軍属及日本人タル事ヲ自覚シ其ノ威信ヲ失墜スルカ如キ行為ヲナサ¥ルコト

ニ.特ニ防諜ニ注意スルコト

三.慰安所ニ於テ使用スル通貨ハ「ルピー」又ハ「ドル軍票」タルヘキコト

四.料金ハ規定ノ料金表ニヨリ現金ニテ予メ支払ヒタル後遊興ヲナスヘキコト

五.過度ノ飲酒者ハ遊興セサルコト

六.従業員(慰安婦ヲ含ム)ニ対シ粗暴ノ振舞ヲナサ¥ルコト

七.「サック」(星秘膏)ヲ必シ使用シ確実ニ洗@(注7)ヲ行ヒ性病予防ヲ完全ナラシムルコト

八.規定ノ時間ヲ厳守スルコト

昭和 年  月  日 「マンダレー」駐屯地司令部  印 ←ここの印は四角で囲まれています


注1 この下に「日本人会長 村田八朗」との記入あり
注2 この下に文章が4行あり、うち3行に数字が1、2、3と振ってあり、文章が記入してあります
不分明で判別できませんが
2の下に、おそらく「兵」及び同行」という記入があります
3の下に「不合格者へ登@(楼?)」という記述があります

注の参照:PDFページ標示の248
注3 細かくて読みとりにくいのですが、片仮名の「ハ」が入っているのではないかと。

注4 2つめの¥に該当する箇所にルビがふっています。

注5、注6
別紙の第一、第二は表になっていて、表の枠に合わせて字の大きさが変わっています。

注7 おそらく「洗浄」の「浄」だと思われます。

こちらで
http://ianhu.g.hatena.ne.jp/kmiura/?of=5
で指摘を受けまして、@のところの一部を「楼」置き換えました。

非常に長いので、写しましたらこのコメントの消去をお願いします。

kmiurakmiura2007/07/03 00:52Phlsさんへ

スキャン画像を見てみて、以下のような感じです。不明部分もありますが、そこには註をつければ、キーワードにしてしまっていいと思います。ご確認ください。

-------------------
第二条
左記
2.規則ニ違反シ又ハ風紀ヲ紊スカ如キ行為ヲ(?)ナサル¥コト 

2.規則ニ違反シ又ハ風紀ヲ紊スカ如キ行為ヲナササルコト 
-------------------

其ノ行為ノ如何ニ拠リテ(?)ハ其ノ商社ハモトヨリ
→OKです。
其ノ行為ノ如何ニ拠リテハ其ノ商社ハモトヨリ
-------------------

但シ奥地等ヨリノ来@者ニシテ

読み方がわからない。ライバンシャ?いとへんに”漫”のツクリのぶぶんですね。
http://ekanji.u-shimane.ac.jp/ekanji/cyu_kanji_detail.jsp?CodeNo=1332316
-------------------

自己(注1)¥責任ヲ以テ

自己(注1)ノ責任ヲ以テ
-------------------

第三条
(注2) 私にもどうも読めません。3は、「不合格者への登楼」と読めます。

-------------------

第六条
慰安所内ニ掲示(標示?)シアル注意事項ヲ厳守スルモノトス

慰安所内ニ掲示シアル注意事項ヲ厳守スルモノトス
-------------------

第十二条
設備費及患者ノ治療費ハ全テ経営者ノ負(?)担(?)トスルモ営繕ニ関スル簡単(?)ナル設備ハ軍ニ於テ実施スルコトアリ
→OKです。
第十二条
設備費及患者ノ治療費ハ全テ経営者ノ負担トスルモ営繕ニ関スル簡単ナル設備ハ軍ニ於テ実施スルコトアリ
-------------------

第十五条
慰安所ニハ(?)(注3)必ス消毒所ヲ経営者ニ依リ設置スルモノトス
→OKです。
慰安所ニハ必ス消毒所ヲ経営者ニ依リ設置スルモノトス

-------------------
第十六条
消毒所ノ消毒設備ハ灌(?)水器ニ一万倍ノ過¥¥液ヲ満タシ置クモノトス(注4)

過マンガン液だと思います。
http://www.cgj.co.jp/contents/medical/iyakuhin/gaihiyo_sakkin5.htm

消毒所ノ消毒設備ハ灌水器ニ一万倍ノ過マンガン液ヲ満タシ置クモノトス

-------------------

第十七条
「サック」(星秘膏)ヲ使用セサル者ハ遊興セシメ(?)サルモノトス
→ OKです。
「サック」(星秘膏)ヲ使用セサル者ハ遊興セシメ(?)サルモノトス

-------------------

第十八条
遊興者及其ノ相方ハ毎回(?)消毒所ニ於テ確実ニ消毒ヲ行フモノトス
→ OKです。
遊興者及其ノ相方ハ毎回消毒所ニ於テ確実ニ消毒ヲ行フモノトス

-------------------

第二十条
毎週一回(?)慰安婦ノ
→ OKです。
毎週一回慰安婦ノ

-------------------

別紙第一(注5)、別紙第二(注6)
→ 後にテーブルにします。

¥月日          慰安所名    印 ←ここの印は丸で囲まれています
    慰安所売上高報告
¥月日          経営者氏名



自 月 日               慰安所名    印 ←ここの印は丸で囲まれています
        慰安所売上高報告
至 月 日               経営者氏名

-------------------

摘(?)要
→OKです。
摘要
-------------------

備考  現在¥ル慰安婦名ヲ¥欄ニ記入スルモノトス

備考  現在スル慰安婦名ヲ欄ニ記入スルモノトス

-------------------

別紙第三

一.大日本帝国軍人軍属及日本人タル事ヲ自覚シ其ノ威信ヲ失墜スルカ如キ行為ヲナサ¥ルコト

一.大日本帝国軍人軍属及日本人タル事ヲ自覚シ其ノ威信ヲ失墜スルカ如キ行為ヲナササルコト
-------------------

六.従業員(慰安婦ヲ含ム)ニ対シ粗暴ノ振舞ヲナサ¥ルコト

六.従業員(慰安婦ヲ含ム)ニ対シ粗暴ノ振舞ヲナササルコト
-------------------

七.「サック」(星秘膏)ヲ必シ使用シ確実ニ洗@(注7)ヲ行ヒ性病予防ヲ完全ナラシムルコト

七.「サック」(星秘膏)ヲ必シ使用シ確実ニ洗浄ヲ行ヒ性病予防ヲ完全ナラシムルコト

-------------------

**旧漢字との対応は、
http://www2.japanriver.or.jp/search_kasen/search_help/refer_kanji.htm
など参照にしました。