カナダの『慰安婦』謝罪・賠償決議

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

カナダの『慰安婦』謝罪・賠償決議

原文

カナダ下院 2007年11月28日15時30分採択

Motions

By unanimous consent, Ms. Chow (Trinity―Spadina), seconded by Mr. Devolin (Haliburton―Kawartha Lakes―Brock) and, by unanimous consent, by Mr. Lee (Scarborough―Rouge River) and Ms. Faille (Vaudreuil-Soulanges), moved, ― That, in the opinion of the House:

i. During its wartime occupation of Asia and the Pacific Islands, from the 1930s through the duration of World War II, the Imperial Armed Forces of Japan officially commissioned the acquisition of young women for the sole purpose of sexual servitude, who became known as “comfort women”; and

ii. Some Japanese public officials have recently expressed a regrettable desire to dilute or rescind the 1993 statement by Chief Cabinet Secretary Yohei Kono on the “comfort women”, which expressed the Government's sincere apologies and remorse for their ordeal; and

iii. Japan has made progress since 1945 in recognizing and atoning for its past actions, and for many decades has been a major contributor to international peace, security, and development, including through the United Nations; and

iv. The Canada-Japan alliance continues to be based on shared vital interests and values in the Asia-Pacific region, including the preservation and promotion of political and economic freedoms, support for human rights and democratic institutions, and the securing of prosperity for the people of both countries and the international community; and

v. The government of Canada should therefore encourage the government of Japan to abandon any statement which devalues the expression of regret from the Kono Statement of 1993; to clearly and publicly refute any claims that the sexual enslavement and trafficking of the “comfort women” for the Japanese lmperial Forces never occurred; to take full responsibility for the involvement of the Japanese Imperial Forces in the system of forced prostitution, including through a formal and sincere apology expressed in the Diet to all of those who were victims; and to continue to address those affected in a spirit of reconciliation.

The question was put on the motion and it was agreed to.

カナダ下院「慰安婦」謝罪要求動議を公式採択 @ 13日の水曜日 経由 

原文へのリンク

HOUSE OF COMMONS OF CANADA 39th PARLIAMENT, 2nd SESSION

Journals No. 26 (Unrevised) Wednesday, November 28, 2007

和訳

i. 1930年代から第二次大戦までのアジア・太平洋諸島の戦時占領下において、日本帝国軍は「慰安婦」として知られることとなる性的隷属下に置くことだけを目的とした若い女性を公式に徴集した。そして、

ii. 日本の一部の公人は最近、日本政府がその厳しい試練に対して誠実な謝罪と自責を表明した1993年の「慰安婦」に関する河野声明*1を、希薄化あるいは撤回しようという残念な願望を表明してきた。そして、

iii. 1945年以来、日本は過去の行為を認識し償いつつ発展し、国連を介す場合も含め、国際的な平和、安全と発展への大きな貢献者である。そして、

iv. カナダと日本の同盟関係は、アジア太平洋地域で共有された重大なる利益と価値に基づいて続く。それは、政治的・経済的自由の保持と推進、人権と民主制の支持、両国と国際社会の人びとの繁栄の確保を含んでいる。そして、

v. それゆえ、カナダ政府は日本政府に以下のことを奨励する。

  --1993年の河野声明に表明された遺憾の価値を減ずる声明は、どんなものであっても避ける。

  --日本帝国軍のための「慰安婦」の性的奴隷状態と人身売買が起こったことは一度もないという主張に対しては、どのようなものであっても明確にかつ公的に反駁する。

  --強制売春システムにおける日本帝国軍の関与に対し全責任を負う。それは、全ての犠牲者に向けた、国会における公式の誠実な謝罪表明を含む。

  --和解の精神に基いて影響を受けた人々を理解しようとしつづける。

(訳責 kmiura)

産経新聞古森義久記者の解釈

 この決議案は以下の趣旨を打ち出したわけです。

  

「日本の軍や政府が政策として組織的に20万人以上の若い女性を強制徴用し、性的奴隷として、日本軍将兵のレイプの被害者とし、しかも戦後の日本はその行為に謝罪をしていない――」

 こんな断定が事実に反することは、これまた明白です。

カナダ議会で慰安婦決議を推進した中国系パワー――おなじみ「抗日連合会」でした

2007/12/05 12:56 ステージ風発

*1:通常the Kono statementは”河野談話”と和訳されるが、この訳語自体がdevalueであるので河野声明とここでは訳す