crescent このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-06-26

[][] 証言が証拠になるか 05:40  証言が証拠になるか - crescent を含むブックマーク はてなブックマーク -  証言が証拠になるか - crescent


Question

証言は、証拠にならないのではないですか。


Answer

証言は、重要な「証拠」です。ご質問のような考え方は、大きく誤っています。

証言はどんな事実があったかを証明していく上で、もっとも重要な「証拠」です。証言があるのに、合理的理由もなくそれを「証拠でない」と無視することは、証拠を恣意的に選択して、自分に都合の良いストーリーを「事実」にしようとしていることと同じことなのです。


この点、裁判上の手続になぞらえたような主張が目立ちますので、以下に説明しておきましょう。

仮に、「証言は証拠にならない」とすると、果たしてどういう結果になるでしょうか。例えば、殺人事件で、「犯人が被害者をナイフで刺すのを目撃した」という目撃者の「証言」があったとすると、これは証言なので証拠にならないということになります。そうなると、犯人がその被告人であることを示唆するはずの極めて重要な証言が、犯罪を証明する手段としては使えないことになります。指紋でも残っていればよいですが、もしなければ、検察官は起訴をあきらめなくてはならないのでしょうか。そんな馬鹿なことはありませんよね。

いや、それは目撃者だから良いのだ、という反論があるかもしれません。それでは、性犯罪の事件を考えてみてください。被害者がレイプされたことを涙ながらに切々と語った場合、それは証拠にはならないのでしょうか。普通の傷害事件や脅迫事件などでも同じですね。被害者の「証言」がなければ、犯罪の立証に重大な支障をきたすことになります。

民事事件でも同じです。すべての取引に契約書がきちんと作成されていれば問題はないかもしれませんが、現実はそうではないですよね。「お金を貸した」「もう既に支払った」等々、立証手段の中心は「証言」なのです。

客観的な証拠を重視せよ、という声が聞こえてきそうです。もちろん、そのこと自体はその通りです。現場写真や、血の付いたナイフなんてのは、重要な物的証拠です。しかし、それが例えば何かの「文書」を意味しているとすると、また話は少し違います。つまり、こういった「文書」の多くは、あくまで人間が作成しているものなのです。その当時の人間の認識が書いてあるだけであって、そこに書いてある内容が正確かどうかも分かりませんし、その背景についても文書自体は何も語らないのです。こういった証拠は、その書かれてある内容を立証の対象とする場合、裁判上は「伝聞証拠」として扱われ、日本の場合は刑事事件では原則として禁じられているのです。むしろ「証言」の方が重視されている場合もあるのです。ちなみに、この伝聞証拠禁止の原則は、アメリカではより徹底されています。


もちろん、「証言」は人間の記憶ですから、記憶の欠落や変遷、誇張も含まれることもあります。それを他の証拠と照らし合わせて吟味していく作業は必要です。しかし、「証言」だから「証拠にならない」という議論は、世界各国どこをみても聞いたことがありません。

証言の重要性が、お分かり頂けたでしょうか。

2007-06-20

[] ワシントンポスト意見広告The Facts」(2007.6.15)の要約 08:17  ワシントン・ポスト意見広告「The Facts」(2007.6.15)の要約 - crescent を含むブックマーク はてなブックマーク -  ワシントン・ポスト意見広告「The Facts」(2007.6.15)の要約 - crescent

便宜のため、全体を俯瞰するための要約を作成。

反論の詳細はグループ掲示板の方を参照されたい。

The Facts」

前文

「historical facts」の提供を目的とする。

FACT 1

陸軍省副官通牒「軍慰安所従業婦募集に関する件」等の文書に言及し、これらを当局の取締りを示す証拠として解釈した上で、「売春を強制された」と明示した歴史文書はないとしている。

FACT 2

業者の取締りをしていたことを示す新聞記事の紹介。

FACT 3

スマラン事件で規律違反があったことへの言及。同事件の後、軍が慰安所を閉鎖し、将校が処罰されたと主張している。

FACT 4

マイクホンダ下院議員の決議案への言及。慰安婦の初期の供述では、旧日本軍や他の日本政府機関によって強制され働かされたとの言及はないが、反日キャンペーン後、慰安婦の証言は劇的に変化したと主張している。

FACT 5

慰安婦は、sex slavesではなく、世界中に一般的な公娼(licensed prostitution)制度の下に働いていた、慰安婦将軍よりも遥かに高収入であり、処遇は良好であったという事実の証言も多くある等と主張している。

下段部分

主要な点は以下の通り。

sexual slaveryについて、事実の大きなかつ故意の歪曲(gross and deliberate distortion of reality)である。戦時中の約2万人の慰安婦の5分の2は日本人女性だったという秦郁彦意見の紹介。アメリカ世論真実を共有することに関心がある。誹謗中傷(slander and defamation)にもかかわらず謝罪すれば、誤った印象を与えるだけでなく、日米関係にも悪影響がある。

当然だが、特に目新しい内容があるわけではない。

この方々は練りに練って主張を厳選した筈だが、それでもこの程度の説得力しかない。

私などは、こんな広告を読んで「はい、そうですか」とアメリカ世論が動くとは到底思えない。

ただ、やはり脅威である。

間違った事実でも、100回唱えれば、それが真実になってしまう。その種の脅威。

一体、この広告を掲載するのに、どの位の料金を支払ったのだろうか。

この広告の、最後の結びの言葉

We ask only that the Facts be objectively regarded so that we may share a correct perception of history.

彼らは、本当にそう思っているのだろうか。

kmiurakmiura2007/06/20 21:36はじめまして。

これはni0615さんがやっているように、一項目づつ反論をあらためて確認する、ということになるのだろうなあ、と思います。でも問題は文章が長いと、「なかった派」は読まないんですよね。糠に釘、とでもいえばいいのか。ワンフレーズポリティックスが売れるわけです。

ひとまずご挨拶まで、参上しました。

ni0615ni06152007/06/21 17:30西村幸祐氏が「わいがリーダーや!」といっていますが、他の人はすぎやまこういちさんを持ち上げています。西村さんはそれを無視しています。すぎやまさんのドラゴンクエストの印税をつぎ込んだのではないでしょうか?だとすれば、ドラクエファンとしてはガックリですけど。

crescent2007crescent20072007/06/21 23:38こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
kmiuraさん、いやあ、仰るとおりです。一つ一つ資料を吟味したり、文献を読んだりするより、「そんなのは嘘だ」とTVで断言してる評論家に乗っかる方がずっと楽ですからね。
ni0615さん、掲示板の作業の方ありがとうございます。「いつものメンバー」じゃ、ああまたかってことになりますが、こうして知名度のある方々が新しく「ご活躍」されるのは困りものです。まあ議員なんかも同じなんですが。

ni0615ni06152007/06/27 16:43中が悪いかと思いましたら、すぎやまさんと西村さんがチャンネル桜で対談やっています。すごいです。「意見広告」は全体主義との戦いだそうです。bbs:25:73