談話室 RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

17nagaikazunagaikazu   10  Re:永井先生へ

lunakkoさんへ

 いろいろ書いていただきましたが、結局のところ、lunakkoさんが、「これもよく知られている事実です。調べてみてください。」と書かれているので、「何を調べたらいいのでしょうか」と質問したのですが、「何を調べたらいいのか」についてお答えはいただけなかったと、理解していいわけですね。

●「軍票」を使う理由は、簡単に言うと、

・占領地では、占領した国が通貨を発行する。(前に支配していた国の貨幣は回収し、入れ替える)

・占領地での通貨は、元の国の通貨単位を使う。(すでにあった通貨を基本として、住人の混乱を無くすため。あくまで、単位のみ)

前に支配していた国の貨幣を回収し、日本政府の軍票に「入れ替える」ために、大量の紙幣が刷られました。

これは、現地にも通達が行ってますね。両替を嫌だ嫌だといっていた占領地の人々は、交換レートがどんどん変わって損をしていますね。

これもよく知られている事実です。調べてみてください。

と書かれてありますが、南方占領地で軍票で現地通貨を「入れ替える」工作を日本軍がおこなっていたというのは、初耳なのですが、何を調べたらいいのでしょうか。

日本は高名な教授でなければ説を発表できないような国なのですか?

何に依拠しているかといえば、「現存する」資料です。

 この発言から、上記の説はlunakkoさんの独自の説であることもわかりましたが、では、その依拠されている「「現存する」資料」がいったい何なのか、示していただけませんか。

 それから、「占領地では、占領した国が通貨を発行する。(前に支配していた国の貨幣は回収し、入れ替える)」ことを、研究史では「通貨工作」あるいは「通貨統一工作」とよんでおります。ですので、私が「工作」という言葉を使ったのは、研究史上からはごくふつうの言葉遣いです。

返信2007/05/30 20:35:10
  • 17Re:永井先生へ nagaikazunagaikazu 2007/05/30 20:35:10
    lunakkoさんへ  いろいろ書いていただきましたが、結局のところ、lunakkoさんが、「これもよく知られている事実です。調べてみてください。」と書かれているので、「何を調べたらいいのでしょ ...