海老蔵-野原の応答など RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

52noharranoharra   軍人恩給と「ロビーストに数億円」

軍人恩給は不公平だ、という主張はなぜ抑圧されたか?

「日本という国がわかりません」について、というタイトルの

ブログ蟷螂余話さんのページを、長めに引用したい。

http://blog.livedoor.jp/kamakiriikeda/archives/65133251.html

 犯した罪を潔く謝ってきっちり償えばよいものを、卑屈なことばかりにカネを

使う、その使い方が下手というより狂っています。軍人恩給や靖国英霊に50

兆円もの大金を費やし、戦後の補償は内外の犠牲者に僅か1兆円余りと実に偏っ

た配分です。

 前の大戦でいったい幾らの戦費を使ったか? このことで長妻 昭議員に調べ

てもらった数字によれば、シナ事変がはじまった昭和12年から敗戦の年までの

8年間に、陸軍1115億円、海軍656億円、その他軍需省164億円で、総

計1935億円。今の金額にして213兆円だそうです。 (荒井和夫官房審議

官答弁)

 それに国民の寄付、献金、また物品の供出や勤労奉仕などに加え、アヘン密売

や敵産徴発などの機密費を加えると卒倒しそうな巨額です。にも拘らず戦後の乱

費は私にも“日本という国が判りません。”

 軍人恩給はマッカーサーがいの一番に“戦病傷者や困窮遺族などの救済なれば

ともかく、戦争責任の重い軍人にボーナスなど以ての外だ”と廃止したのです

が、彼が帰るや否や待ってました とばかりに(昭和53年)復活したのです。

 我が国の戦後政策の主眼は 何をさて置き天皇制の「国体護持」で、そのため

の家臣への手厚い行賞です。丁度いまの正社員に当たる正一位から八位までの直

臣優先で、位階勲等のない派遣社員ワーキングプア足軽雑兵や百姓町民は大

半が切り捨てです。勿論領外の異国人もこの御威光は行き届きません。

 もし軍人や英霊顕彰が名誉だけであり、50兆円が無しであったなら、この

国はどのような姿であったでしょうか? “もし”は禁句だそうですが、もう少

し好ましい日本であったように思います。日本は敗戦時の願望のとおり国民のた

めではなく、天皇制という「国体護持」のため、それに集中してカネを使い、一

応の目的を達したのです。

 空襲疎開などの一般戦争被害者を放置したままの軍人、英霊への優遇は、そ

の効果として国民の「戦争責任」への激しい追及を封じ込みました。受給者の多

くが口を封じられて沈黙し、そのため生じた暗部にウヨク的なナショナリズム

はびこったからです。

 反面出てきた諸矛盾を防衛するため、莫大なヤミ金を投じてもみ消すという不

誠実もこの国の特徴です。「慰安婦問題」を封じ込むため、アメリカ下院に対し

て毎月700万円のロビー活動をしたことは周知の事実です。

 6年7ヶ月に渉る在米の日本大使加藤良三氏はその在籍中の苦労話として“慰

安婦よりもっと深刻で困難だった”と述懐した「元米兵捕虜補償要求裁判」で

は、ロビーストに数億円を投じて被告擁護を講じたと言われます。

 アメリカ国務省は天使ではありません。このとき田中真紀子外相パウエル

官から受けた借りが、後日の自衛隊イラク派遣というかたちの清算だったと、私

は思っています。

 軍人恩給は、高級将校に手厚く貧しい兵士にはわずかという、戦争中の給与体系をそのまま踏襲したもので、戦後の福祉政策としては明らかに不公平なものです。

 天皇制というものが天皇の名の元に支配層が責任を取らない制度であるとすると、戦後もその体制は延命したと。

左翼はどちらかいうとイデオロギー批判に熱心で、こういった金の話には弱い、という感じがする。

返信2008/08/30 11:55:38
  • 52軍人恩給と「ロビーストに数億円」 noharranoharra 2008/08/30 11:55:38
    軍人恩給は不公平だ、という主張はなぜ抑圧されたか? 「日本という国がわかりません」について、というタイトルの ブログ蟷螂余話さんのページを、長めに引用したい。 http://blog.l ...
    • 53旧日本軍の位階制廃止運動 noharranoharra 2008/08/31 17:35:32
      山崎豊子『不毛地帯』について  要は、シベリア抑留者のあいだに起こった旧日本軍の位階制を廃止しようとする民主化運動がどう描かれるかに1973年当時の左右両翼の関心が向けられていたということであり ...
    • 54このエントリーは削除されました 2008/08/31 17:13:16
      このエントリーは削除されました