最近のできごと RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

33noharranoharra   32  Re:マニラ湾岸の慰安婦像撤去

 首都圏マニラ市の遊歩道に建つ慰安婦像が撤去された問題で、フィリピン人元慰安婦の支援団体や女性団体などは28日、撤去を強く非難、各方面に波紋が広がっている。日本大使館関係者は「比政府から事前に連絡があった」と述べ、撤去政府当局の判断で行われたとの見解を示した。日本政府は慰安婦像について「遺憾の意」を繰り返し伝えており、比政府が日本の意向に配慮した形となった。

 ▽政府当局撤去認める

 27日午後11時半ごろ、公共事業道路省(DPWH)の作業員約15人が、ロハス大通りの慰安婦像が建っていた場所で、台座部分の石とみられるがれきを撤去したり排水工事作業を始めていた。作業員は「水道工事をしているだけで像は撤去していない」と否定した。マニラ市のカガハスチャン広報担当は「ショベルカーは排水工事のため」と説明している。

 一方、DPWHのラメンティリオ広報担当は、撤去が同省の指示によって行われたことを認めた。ただ慰安婦像を含む同通り沿いの銅像3体を「洪水対策工事のため撤去した」と付け加えたが、像の搬出先や、撤去が一時的なものかどうかについては明言を避けた。

 撤去時に現場にいた別の建設作業員は、撤去は午後8時ごろ行われ「銅像や碑などは傷付けられずに撤去され、トラックでパサイ市の方向に運ばれていった。台座は壊された」と証言している。

 ▽大使館「比の判断」

 日本大使館関係者は28日、まにら新聞の取材に、撤去に関しては「フィリピン政府側の判断であり対応」と説明。大使館員が現場で撤去されたことを確認したとしている。

 さらに「比政府には像設置は遺憾であり、2国間の関係に悪影響を与えないようにとの日本政府の立場を繰り返し伝えてきた」と述べた。

 1月に来比した野田聖子総務相ドゥテルテ大統領会談した際、「非常に残念だ」と直接伝えていたが、大統領は「表現の自由で止めることはできない」と答えていた。

 ▽像は「語り継ぐため」

 像撤去について女性政党ガブリエラなどは28日、相次いで抗議声明を発表。サルバドール事務局長は「慰安婦像は第2次世界大戦中に日本が比人女性に対し行った残虐行為、人権侵害を次世代に語り継ぐものだった」とし、撤去は「戦争の歴史修正」であり「日本占領下で性奴隷とされた比人女性の尊厳を傷付けるもの」と強く批判した。

 像は比中華系団体「トゥライ財団」が資金提供し、比国家歴史委員会と共に昨年設置。同委員会らは12月8日の除幕式でマニラ市側に引き渡しており、像の管轄マニラ市となっている。(冨田すみれ子)


(上)撤去前の慰安婦像=昨年12月、首都圏マニラロハス大通り沿いで冨田すみれ子撮影(下)同アングルから際した撤去現場=28日午前0時ごろ、冨田すみれ子撮影

http://www.manila-shimbun.com/category/society/news237395.html

返信2018/04/29 17:59:45
  • 33Re:マニラ湾岸の慰安婦像撤去 noharranoharra 2018/04/29 17:59:45
     首都圏マニラ市の遊歩道に建つ慰安婦像が撤去された問題で、フィリピン人元慰安婦の支援団体や女性団体などは28日、撤去を強く非難、各方面に波紋が広がっている。日本大使館関係者は「比政府から事前に連 ...
    • 34Re:Re:マニラ湾岸の慰安婦像撤去 noharranoharra 2018/05/01 07:56:33
      配信日時:2018年4月30日(月) 17時10分 ドゥテルテ大統領、慰安婦像撤去を支持「日本を侮辱すべきでない」 2018年4月29日、中国メディアの騰訊網によると、フィリピンの首都マ ...