最近のできごと RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

22noharranoharra   「日本軍、朝鮮人女性30人銃殺」慰安婦虐殺記録の原本発見(京郷新聞)

http://east-asian-peace.hatenablog.com/entry/2016/11/09/000247

の記事より。

慰安婦虐殺文書を発掘・公開したソウル大学人権センター研究チームは、ソウル市の支援を受けて去る7~8月、アメリカ国立文書記録管理庁の現地調査を実施して慰安婦資料113件を収集した。類型別にみると、日本軍捕虜尋問報告書をはじめとして日本軍捕獲資料の翻訳本、陸海軍情報および作戦報告書、捕虜収容所名簿および送還船乗船名簿資料などである。研究チームは去る4日、ソウル大で中間報告ワークショップを開き、資料発掘の内容と研究成果を発表した。

捕虜収容所日本軍慰安婦の帰還」をテーマに発表したイ・ジョンウン研究責任者(聖公会東アジア研究所HK研究教授)は、「日本軍は敗戦直後、それまで連行していた慰安婦女性たちの存在を隠すために遺棄し、その最も極端な形態は虐殺であった」としながら、虐殺根拠として日本軍慰安婦女性30人銃殺を記録した中国雲南遠征軍の1944年9月15日付作戦日誌を公開した。雲南遠征軍は同じ年の6月から中国-ミャンマー国境地帯である中国雲南省松山と腾冲の日本軍占領地に対する攻撃を開始して9月7日に松山を、1週間後の14日に腾冲を陥落させた。日本軍慰安婦銃殺は腾冲陥落直前の13日夜、脱出に先立ち実行された。


作戦日記には、

Night of the 13th the Japs shot 30 Korean girls in the city.

とある。

貴重な資料だ!

返信2016/11/10 13:56:09