資料・リンクなど RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

65dempaxdempax   「噫 従軍慰安婦」石碑

NPO法人 南房総文化財戦跡保存活用フォーラム http://www.internet-ex.com/npo/ [朝日新聞2007/08/18 戦争遺跡]


千葉県館山 かにた婦人の村「噫 従軍慰安婦」石碑の写真あり(毎年8/15にここで鎮魂祭がおこなわれる)



[関連図書]


川田文子『授業「従軍慰安婦」歴史教育と性教育からのアプローチ』(教育史料出版会 1998/05/10)p.156-168愛沢伸雄「噫 従軍慰安婦」石碑から学ぶ「かにた婦人の村」と元「従軍慰安婦



恵泉女学園大学平和文化研究所編『占領と性 政策・実態・表象』(インパクト出版会 2007/05/30)p.149-178 荒井英子「キリスト教界の「パンパン」言説とマグダラのマリアisbn:9784755401756



WAMかにた婦人の村鎮魂祭ツアー資料より


城田すず子『マリヤの賛歌』(かにた出版部 1971)

深津文雄『いと小さきものに-コロニーへの道』(日本基督教団出版部 1969)


沢木耕太郎『人の砂漠』(新潮文庫 1977)



山田盟子『慰安婦たちの太平洋戦争』(光人社 1991/09/29)



ドウス昌代『敗者の贈物/国策慰安婦をめぐる占領下秘史』(講談社1979/07/30)



南房総文化財戦跡保存活用フォーラム『あわ・がいど(1) 戦争遺跡』 p.44-45より

「噫 従軍慰安婦」石碑

1965年深津文雄牧師は,社会から見捨てられた女性たちが一生暮らせる婦人保護施設「かにた婦人の村」を設立した. 1984年,一人の寮生が自らの従軍慰安婦体験を牧師に告白する. この告白(「石の叫び」)を受けて,施設内にある小高い丘にヒノキの柱を立てたのは1985年であった. 翌年そこには「噫 従軍慰安婦」と刻まれた石碑が建立された.


韓国挺身隊問題対策協議会」の代表のユン・ジョンオクさんは1980年より北海道沖縄・タイ・ラバウル朝鮮人慰安婦の足跡を訪ね,1988年8月の来日の際にこの石碑を訪れた. これが韓国KBSテレビによるドキュメンタリー番組『太平洋戦争の魂--従軍慰安婦』の制作を生み,韓国内に大きな世論を巻き起こしていった.


戦争責任があいまいなまま半世紀以上がすぎ,現在もなお,「従軍慰安婦」問題はアジア各国を巻き込む論争となっている. この石碑を通じて,地域からこの問題で世界を見ることができる.



石の叫び 戦後40年,ひとりの女性の告白より

「深津先生へ…軍隊がいるところには慰安所がありました. 看護婦とみまがう特殊看護婦になると将校相手の慰安婦になるのです. 兵卒用の慰安婦は一回の関係で50銭,また1円の切符を持って列をつくっています. 私たち慰安婦は死の影とともに横たわっていました. 私たちは洗うひまもなく,相手をさせられ,死ぬ苦しみ. なんど兵隊の首を切ってしまいたいと思ったかしれません. 半狂乱でした.


…戦争が終って40年にもなるというのに,戦死した兵隊さんや民間の人のことは各地で弔われるけれど,戦争で引っ張られていった慰安婦に対する声はひとつも聞えてきません. 中国東南アジア南洋群島・アリョーシャン列島で,性的欲望のため体を提供させられた娘たちは,死ねばジャングルの穴に捨てられ,親元に知らせるすべもない有様です. 途中で足手まといになった女はほっぽりだされ,荒野をさまよい凍てつく山野で食もなく,野犬か狼のエサになり骨はさらされた土になり,粉々に砕けた手足は陣地の表示板になりました. それを私は見たのです. この目で,女の地獄を….


戦後40年が過ぎても健康を回復できない私ですが,今は幸せです.…1年ほど前から祈っているとかつての同僚の姿がまざまざと浮かぶのです. どうか鎮魂の塔を建ててください. それが言えるのは私だけです. 生きていても,そんな恥ずかしい過去を話す人は誰もいないでしょうから…」



慰安婦」問題解決のための世界共同行動 連帯のメッセージ


戦後62年の8月15日,世界各地で「慰安婦」問題解決のための共同行動に参加しているすべてのみなさんに,アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」から,熱い連帯のメッセージを送ります.


今日,私たちは,千葉県館山市にある「かにた婦人の村」で行われている「慰安婦」の鎮魂祭に参加しています. ここは「慰安婦」にされ,その事実を手記にまとめた日本人の女性,城田すず子さんが晩年をすごした場所です. 1985年,城田さんは戦地で亡くなった女性たちのために「慰安婦」の鎮魂碑を建立しました. その後毎年8月15日に行われてきたこの鎮魂祭も今年で23回目になりました.


被害を受けた女性たちの「事実を伝えたい」という思いに反し,日本では「慰安婦」制度の事実を否定し,なかったことにしようとする勢力がいまだ力を持ち続けています. しかし,今年の7月30日には米国下院議会日本政府に謝罪を求める決議が採択され,カナダ,オーストラリア,フィリピン議会でも日本政府の責任を追及する動きが強まっています. 1990年代半ばから,国連は何度も日本政府の責任を指摘し勧告してきましたが,歴史の事実を消し去り,女性の尊厳を踏みにじる動きに対して,世界はNOをつきつけています.


加害の国・日本に住む私たちは,この10数年間,「慰安婦」制度の事実を認め,被害者に謝罪・賠償するよう日本政府に求めてきました. 教科書から「慰安婦」記述がほとんど削除された今,次世代に事実を伝える活動もすすめています. これは苦しみを乗り越えつつ今日まで生き抜いてきた被害女性たちの勇気に支えられ,励まされて,共に闘ってきたからこそ可能でした. 私たちは,一人でも多くの被害女性が存命のうちに,日本政府戦後責任を果たすよう,世界各国のみなさんと連帯して努力していきます.


今日,韓国台湾フィリピンインドネシアドイツオーストラリアの各地で解決を求めて行動している被害女性,支援者のみなさんと連帯し,戦争で亡くなったすべての人に思いを馳せて.


2007年8月15日 「かにた婦人の村」鎮魂祭参加者一同


朝日新聞2007/08/16朝刊【ちば】25面13版 62年目の記憶3 従軍慰安婦/尊厳を問う丘の石碑


「女の地獄」見た [省略]


中学生向け展示 [省略]


本気で耳傾けて

歴史認識ナショナリズムの問題が絡んで,とりわけ,慰安婦問題を語る時,内外で激しい議論を巻き起こす.


7月末,米下院本会議慰安婦問題日本政府に謝罪を求める決議を採択した. 決議に弾みをつけたのは,旧軍が直接関与したという「狭義の強制性」を裏付けるものはないと主張した阿倍首相の3月の発言だった.


天羽さん[引用者注:天羽道子=かにた婦人の村施設長]は「慰安婦の体験を話す人たちは,思い出したくもないような事実を表現している. 日本人はその声を本気で聞いていない」と思う.


館山湾を見下ろす丘の上の石碑が,過去と向き合うことの大切さを静かに語りかけているようだった.


関連りんく Stiffmuscleの日記 2007/07/07 * 元日本人慰安婦の回顧録:「オンナには地獄だった」−城田すず子さんのこと http://d.hatena.ne.jp/Stiffmuscle/20070707/

返信2013/05/29 20:53:06
  • 65「噫 従軍慰安婦」石碑 dempaxdempax 2013/05/29 20:53:06
    NPO法人 南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム http://www.internet-ex.com/npo/ [朝日新聞2007/08/18 戦争遺跡] 千葉県館山 かにた婦人の村「噫 ...