資料・リンクなど RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

56zames_makizames_maki   最近出版された(される)慰安婦関係の本

最近出版された(される)慰安婦関係の本から

(非常に問題な本)

●和解のために:教科書・慰安婦靖国独島 朴裕河 平凡社, 2006:韓国人知識人による韓国批判、その事実認識はほとんど右派のもので金冨子(雑誌インパクション2007年7月号)により厳しく批判されている

情報戦慰安婦南京」の真実 西村幸祐編 オークラ出版 2007 雑誌形態ムック本¥1200:非常に問題のある商売のための本、松原仁の談話収録

●中学生にも分かる慰安婦南京問題 西村幸祐編 オークラ出版 2007 雑誌形態ムック本¥1200:非常に問題のある商売のための本

●よくわかる慰安婦問題 西岡力 草思社 2007.6:否定派の本

●「従軍慰安婦」問題 黄文雄 WAC出版 2007.6:否定派の本、非常に右派的な雑誌「WILL」を出している出版社による反日を喚起しようという視点による

●「慰安婦」問題とは何だったのか 大沼保昭 中公新書 ¥861 2007/06/25:アジア女性基金による償い金の配布が意味のある補償であるとする本

慰安婦の存在について)

●黄土の村の性暴力:大娘たちの戦争は終わらない 石田米子・内田知行 創土社 2004:中国山西省の元慰安婦の調査結果、日本軍による暴行強姦のくわしい様子、証言9人、中国人研究者による天津慰安所研究を含む。この調査結果と日本での訴訟、映画とは同じ対象を扱っている

●ガイサンシーとその姉妹たち 班忠義 梨の木舎 2006:映画「ガイサンシーとその姉妹たち」の監督による取材記録、山西省の元慰安婦の様子が描かれる

台湾総督府慰安婦 朱徳明石書店 2005:台湾での慰安所設置業者・設置会社の調査結果、軍の関与を示す、元慰安婦60人の証言リスト

●証言未来への記憶:アジア慰安婦」証言集1 (南・北・在日コリア編 上) アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」編 西野瑠美子,金富子責任編集 明石書店 2006:元慰安婦のの証言をまとめようという6巻本の1、最近の研究も収録

●「慰安婦」と心はひとつ:女子大生はたたかう 神戸女学院大学石川康ゼミナール かもがわ出版2007/06 ¥1050

(これから)

●雑誌「WILL」月刊オピニオン誌:非常に右派的

●雑誌WiLL2007年8月増刊号~従軍慰安婦と断固戦う  2007/7/13発売 ¥880 WAC出版

●雑誌「戦争と性」谷口和憲編集発行 ¥1575 季刊誌:ミニコミ誌(あきる野市に住む)1997年より慰安婦問題をよく扱う

●まんが 「慰安婦」レポート1:私は告発する チョン・ギョンア 明石書店 ¥1400 2007年7月下旬発売予定:‘慰安婦’問題の歴史と現在を描き06年韓国で反響を呼んだルポ漫画。1巻では韓国オランダの被害女性が葛藤の中で告発に立ち上がっていく過程、日本軍‘慰安所’制度の歴史を、綿密な取材をもとに親しみのある画風で描く。

蟻の兵隊日本兵2600人山西省残留の真相 池谷薫 新潮社 2007/7/27発売予定 ¥1470:映画「蟻の兵隊」の監督による山西省日本軍残留状況、映画では触れられていないその原因。最近の中国の調査では山西省に戦後まで日本軍慰安所があったと指摘されており、この日本軍のためだったのではないか? http://www.arinoheitai.com/blog/index.html

慰安婦問題という問い:東大ゼミで「人間と歴史と社会」を考える 大沼保昭勁草書房 2007年08月上旬発売予定 ¥2625:東大慰安婦問題」ゼミをライブ収録。秦郁彦上野千鶴子長谷川三千子、吉見義明ら論客と学生たちとの討論

返信2007/07/18 21:37:57
  • 56最近出版された(される)慰安婦関係の本 zames_makizames_maki 2007/07/18 21:37:57
    最近出版された(される)慰安婦関係の本から (非常に問題な本) ●和解のために:教科書・慰安婦・靖国・独島 朴裕河 平凡社, 2006:韓国人知識人による韓国批判、その事実認識はほとんど右派の ...