資料・リンクなど RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

29zames_makizames_maki   28  Re:Re:性を犯されたアジア人女性は100万人にのぼるとされる

dempax さんへ

■2007/7月19日(木)18時30分~「木下恵介監督再評価 彼と戦争」

木下恵介監督-日本で最初のカラー映画「カルメン故郷に帰る」〔1951年〕や「二十四の瞳」「喜びも悲しみも行く歳月」「楢山節考」などの作品で知られる映画監督. 彼が戦前に大日本帝国陸軍から依頼されて作った作品が「陸軍」〔1944年〕である. この戦前と戦後の「落差」の意味を今改めて彼の作品を映像で見ながら考えたい. 大きなメッセージを残しているはずである.

講師 白井佳夫さん[映画評論家 呼びかけ人]

催し物案内より http://www.geocities.jp/kenkyokatoren/070601mouyousi.html

この慰安婦スレッドに映画の情報を載せたdempaxさんの感覚に拍手!

戦意高揚映画の監督であったのに徴兵され、中国戦線に赴いた木下の映画は、数年後には戦争を考える上で大きな指標になると思います。彼の「戦場の固き約束」が制作されていたら日本人の日中戦争へのイメージもかわったかもしれませんね。素晴らしい!

ところで「蟻の兵隊」は見ましたか?「ガイサンシー」は?もし見ていたらぜひ感想をhttp://ianhu.g.hatena.ne.jp/bbs/17におよせ下さい。

返信2007/06/15 00:30:03