資料・リンクなど RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

28dempaxdempax   27  Re:性を犯されたアジア人女性は100万人にのぼるとされる

> ZDF:『外国ジャーナル』 5/31放映

(ドイツ語原文) auslandsjournal Inga Hoff

Trauer der "Trostfrauen" / Streit um japanische Kriegsbordelle

http://www.zdf.de/ZDFde/inhalt/6/0,1872,5545030,00.html

Video Trauer der "Trostfrauen"

http://www.zdf.de/ZDFmediathek/inhalt/13/0,4070,5546829-5,00.html

憲法・教育基本法を守ろう!カトリック連絡会 blog 2007/06/10より】

同連絡会HP 催し物案内より http://www.geocities.jp/kenkyokatoren/070601mouyousi.html

阿佐ヶ谷市民講座へのお誘い(キリスト教事業所連帯合同労働組合)

■2007/7月19日(木)18時30分~


木下恵介監督再評価 彼と戦争」


木下恵介監督-日本で最初のカラー映画「カルメン故郷に帰る」〔1951年〕や「二十四の瞳」「喜びも悲しみも行く歳月」「楢山節考」などの作品で知られる映画監督. 彼が戦前に大日本帝国陸軍から依頼されて作った作品が「陸軍」〔1944年〕である. この戦前と戦後の「落差」の意味を今改めて彼の作品を映像で見ながら考えたい. 大きなメッセージを残しているはずである.


講師 白井佳夫さん[映画評論家 呼びかけ人]

参加費 1000円(学生500円) 会場 劇団展望 阿佐ヶ谷南口歩10分(杉並区阿佐ヶ谷南3-3-32)

----

主催 阿佐ヶ谷市民講座実行委員会 TEL 03-3394-3848 (直通)070-5577-5110



PP研連続ラウンドテーブル

シリーズ「美しい日本を剥ぐ」

第1回「慰安婦問題」と安倍政権--NHKドキュメンタリー番組改ざんと米下院決議問題を中心に【終了】

◎日時:6月13日(水)午後6時半~

◎場所:PP研 http://www.peoples-plan.org/jp/images/jinbocho-ppmap.gif

◎発言:西野瑠美子さん(VAWW-NETジャパン共同代表)

◎参加費:500円


2000年12月に東京で開かれた「女性国際戦犯法廷」,それのNHKドキュメンタリー番組(「ETV2001 戦争をどう裁くか--問われる戦時性暴力」)が権力政治家の介入によって改ざんされた[資料 *1 | *2 | *3]. 慰安婦問題で天皇らの戦争責任を公然と問い,有罪の判決を示した民衆法廷は,許されざるタブー破りとして隠蔽されたのであった.


この時,介入した天皇主義右翼権力者安倍晋三が日本の首相になっているという恐ろしい時代を私たちは生きだしている. この番組改ざんをめぐる裁判判決で,安倍らのプレッシャーで番組が改ざんされたにもかかわらず,自分たちの介入がなかったことは明らかにされたと,安倍がひらきなおると,マスコミは,こうした首相の言説を,何の批判もなく,そのままたれ流しつづけた. これにも時代の恐ろしさがよく示されている.


しかし,公然たる批判は「外」から,またもや,やってきた. それも,彼らにとって大切な「同盟国」アメリカからである.


戦争中の日本軍のつくりだした「慰安婦」制度,若い女性たちに「性奴隷制を強制したこと」についての「歴史的責任」を「明確」かつ「正式」に認め,「謝罪せよ」という米国下院決議の採択という動きがあらためて浮上し,今度は採択されそうである,という事態が生みだされた. 安倍は直接的な「強制」はなかったと発言し,その歴史的責任を,ひたすらあいまいにすべく策動[資料 *4],かえって批判の声を大きくする結果をつくりだした. その上,訪米した安倍は,なんと,この件で慰安婦になることを強制した女性たちにではなくブッシュ大統領に向かって「謝罪」してみせた.


二枚舌とインチキ「外交」をくりひろげつつ自国の問題を棚上げにしたまま「北朝鮮」拉致非難を攻撃的にくりかえす自称「正義の美しい」安倍政権.


女性国際戦犯法廷」を担ったVAWW-NETジャパン(「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク)共同代表の西野瑠美子がこの改ざんと隠蔽の政権の「美しい仮面」をはぎ,真実にせまる.


【第2回以降の予定】

第2回:「靖国神社問題」と安倍政権

日時:7月7日(土)6時~

場所:PP研

発言者:辻子実(「靖国参拝違憲訴訟の会・東京」事務局長)

テーマ:政府府(旧厚生省)の靖国関与と政教分離原則(憲法20条)の問題をめぐって問題提起

第3回:「沖縄集団自決問題」と安倍政権

日時等未定

***

ピープルズ・プラン研究所

事務局 塩沢加奈子

〒101-0051東京都千代田区神田神保町3-1-6

日建神保町ビル9B

tel:03-6856-2005

fax:03-5211-8509

http://www.peoples-plan.orgppsg@j...


[引用者追記資料]

*1:VAWW-NETジャパン(速報blog)政治家によるNHK番組介入問題について

*2 :メキキネット Ver.2001 NHK「法廷隠し」番組改ざんを問う

*3:NHK「女性戦犯国際法廷」番組改竄問題私家版資料保存庫:2001年版

*4:日本の前途と歴史教育を考える議員の会 所属議員一同 政府への提言(2007/03/08)・自民党日本の前途と歴史教育を考える議員の会会長 中山成彬*1慰安婦」問題について(2007/03/10)

≪訪米した安倍は,なんと,この件で慰安婦になることを強制した女性たちにではなくブッシュ大統領に向かって「謝罪」してみせた≫で笑ってしまった.

自己の言説の矛盾を吉川議員から突きつけられて、あくまで自説を再展開するならともかく、自己弁護にならない「謝罪」とかだけでごまかそうとするのは、言説の場としての議会侮辱するものであり許すことができない。【bbs:4:10 3/26に国会を冒涜した安倍首相 より抜粋】

 

*1:宮崎一区 衆議院議員

返信2007/06/14 19:17:34