資料・リンクなど RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

21noharranoharra   8  Re:慰安婦強制示す、オランダ新資料

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200705110204.html

憲兵が連行、売春強制 慰安婦オランダ史料

'07/5/11

 【ベルリン11日共同】太平洋戦争時の従軍慰安婦問題で、日本占領下のインドネシア憲兵らが直接、女性を連行して慰安所で売春を強制したことを記述したオランダ政府公文書が十日までに見つかった。旧日本軍による「狭義の強制性」を否定した安倍晋三首相の発言の矛盾を裏付ける新史料として注目される。

 公文書は、戦争犯罪問題を調査しているベルリン在住ジャーナリストの梶村太一郎氏が入手した未公開の約三十点。一九四四年にインドネシアのマゲランやフロレス島で起きた集団売春強要事件の被害者の宣誓証人尋問調書に記述されていた。マゲランの事件についてはオランダ政府報告書が「最も悪名高い事件」と指摘している。

 マゲランの事件に関し、東京裁判に証拠として提出された四六年五月の調書では、当時二十七歳のオランダ人女性が、憲兵に衣服をはぎ取られ慰安所に連行されたと証言。抵抗したが手も足も出ず、売春させられたとしている。

 女性抑留所に収容されていた目撃者の四八年三月の調書によると、抑留所を訪れた日本人が少女らを病人に仕立てて診療所に収容するよう指示。そこで選ばれた少女らが慰安所に連行され売春を強要されたと、この目撃者は詳細に証言した。

 梶村氏は「被害者は連行され売春させられており、安倍首相の言う『狭義の強制性』の典型的な例だ」としている。

返信2007/05/12 13:06:53