自分ってどれだけ馬鹿ですか? RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

90kmiurakmiura   87  Re:なぜmacskaは批判されるのか(その8)彼が偏見を持った経緯

zames_makiさんがまたもmacskaさんの発言を読まないで思い込みだけで上野千鶴子に薫陶をうけバウネットジャパンの悪口を吹き込まれたmacskaさん、という妄想かと思われるようなお話を書いているので、補足します。zames_makiさんはよく次の引用を読んでください。

http://ianhu.g.hatena.ne.jp/bbs/36/81?fromtreemode=1

macskaさん:

 今回の議論に即してもう一つ付け加えるなら、わたしは慰安婦問題における上野さんの一連の発言、とくに元慰安婦の人たちに「女性」として連帯を呼びかけることで、「日本人」として果たすべき自らの責任を忘却するような言動(いますぐにソースが出せませんが、たしかにそういう記述を読んだ記憶があります)を、厳しく批判します。最近ではやや軌道修正したようですが(『生き延びるための思想』)、それでも重要な部分でまだ認識が不十分だと思います。

 したがって、上野千鶴子さんとわたしに何か関係があるとか、わたしの認識が上野さんと同じレベルだというような思い込みがあるとしたら、それは間違いであると今すぐ理解してください。

(追記)わたしが上野さんについて書いた文章をいくつか紹介します。

上野千鶴子講演「ジェンダーセクシュアリティ研究に何ができるか」の危うい公私論

http://macska.org/article/119

上野千鶴子氏『バックラッシュ!』掲載インタビューのバックラッシュ

http://macska.org/article/140

「日本人中流階級フェミニスト」の自画自賛/上野千鶴子氏『We』インタビュー

http://macska.org/article/165

フェミニズム異性愛中心主義:上野千鶴子さんとの対話報告

http://macska.org/article/152

これらの記事は上野氏の慰安婦問題についての認識を扱ったものではありませんが、わたしが階級やセクシュアリティの側面において彼女を批判している論理はそのまま慰安婦問題における彼女の言説にも当てはまります。

返信2008/08/07 03:51:42