下院本会議での慰安婦決議 以後 RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

2noharranoharra   「慰安婦」問題決議、歓迎声明

下院本会議慰安婦」問題決議、歓迎声明

【声明・転送歓迎】

VAWW-NETジャパンML会員の皆様

支援者・関連各ML関係者の皆様

本日7月31日午後3時より、日本軍慰安婦」問題行動ネットワーク参議院

員会館において記者会見を開き、「米下院本会議慰安婦」問題決議、歓迎声 明」(日・英)を発表しました。

声明文を以下の通り全文を貼付けてお送りします。

日本政府が真の意味で被害者たちに対する責任をとることを、私たちは求め続 けていきます。

引き続き皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

VAWW-NET ジャパン事務局(メール送信)

 ******以下声明(日) 転送歓迎******

下院本会議慰安婦」問題決議、歓迎声明

日本政府は、この決議を尊重し、実行せよ !


 日本軍慰安婦」問題が浮上してから、17年余の歳月が流れた。

そして、本日、2007年7月30日(日本時間31日)、米下院本会議で、日本軍慰安婦」問題解決のための決議121が可決された。ここに、私たちは、確かな 人権意識の刻印を見、この決議を敬意をもって受け止めたいとおもう。


 日本政府は、この決議の意味するところをしっかりと受け止めなければならない。それは、被害者の声を無視し国際機関による勧告や提言を受け流してきた日本政府に対して、歴史的責任の受容をせまり、被害者の人権回復の重要性を指摘したものであるからである。「他国の、それも沢山ある決議の中の一つにしか過ぎない」などと、受け流すことは許されない。

加害国である日本の首相は、日本軍慰安婦」被害生存者の人権を回復する義務と責任があるということを、きちんと理解しなければならない。首相が「狭義の強制連行はなかった」などと語ることは、加害の実態も、その罪も認識していない証左である。加害に対しては真摯に実態を受け止め、罪を謝罪し、許しを乞うべきである。   

 日本政府は、この決議が指し示す、「曖昧でない形で」被害者の人権回復の道を受け入れることこそを、被害者の癒しに繋がる措置を取ることこそを、自身の誇りとすべきである。


 わたしたちは、日本政府がこの決議を受け入れ、すみやかに実行に移すことを求め、次のことを要求する。

(1) 国会の場で、各国の被害生存者の証言を聴取すること。

(2) 国会など公的な場で承認された謝罪文を、被害者一人ひとりに届けること。

(3) 立法措置により、被害者に賠償を果たすこと。

(4) 歴史教育・人権教育に取り入れること。


私たち、各国被害女性の聞き取りを行い、現地調査を行い、裁判闘争を支援し、交流し、あるいは2000年女性国際戦犯法廷を開催してくるなどしてきた各団体は、国際連帯のもとに、この決議が指し示した国際社会の求める人権回復 の道のりを日本政府あゆむよう、見守り行動していく決意である。


2007年7月30日(日本時間31日)

日本軍慰安婦」問題行動ネットワーク

 ******english******

We welcome the U.S. House Resolution on the <Comfort Womenc Issues

Japanese Government should respect and implement the Resolution


July 30, 2007

Japan Action Network for the military Sexual Slavery Issue


Seventeen years have past since the issues of Japanese military sexual

slavery or <comfort womenc were first raised. Today, July 30, 2007,

Resolution 121 on the Solution of the <Comfort Womenc has passed the

U.S. House of Representatives. We respectfully appreciate the

Resolution, finding a firm consciousness of human rights inscribed in

it.


The Japanese Government should pay respect to what the Resolution

means. While the Japanese Government has neglected the voices of

victims and paid little attention to a number of recommendations and

advices made by the international bodies, the Resolution requests the

Japanese Government to take historical responsibility, pointing out the

importance of redress for the victims. It is unacceptable that Mr.

Shinzo Abe ignores it as <just one of a lot of resolutions made in

other country.c


Mr. Abe, as the Prime Minister of Japan that is the perpetrating

country, has to understand he is obliged to redress the damage to the

human rights of the survivors. His statements questioning whether there

was <forceful recruitment in narrow sensec shows that he does not

understand the extent and scale of the perpetration or recognize the

crimes committed against the victims. He has to seriously admit that

the crimes were actually committed, make apology and ask for

forgiveness from the survivors. The Japanese Government should rather

take pride in taking measures for redress and rehabilitation for the

victims <in unambiguous formsc as requested by the Resolution.


We request the Japanese Government to accept the Resolution and

implement it without delay, and demand the followings:

(1) Hold hearings of testimonies of survivors from each country at the

National Diet

(2) Deliver a publicly approved letter of apology to each of survivors.

(3) Deliver compensations to victims taking necessary legislation

measures.

(4) Include the <Comfort womenc issues in history and human rights

education curriculum.


We, as members of the organizations that have conducted interviews with

victims or field researches, supported the court cases, had

communication with survivors or organized the Women�s International War

Crimes Tribunal on Japan�s Military Sexual Slavery in 2000, are

determined to keep monitoring and acting, in solidarity with

international partners, in order to press the Japanese Government to

follow the path for restoring human rights as requested by the

international community as well as by this Resolution.

返信2007/08/01 07:55:55