下院本会議での慰安婦決議 以後 RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

23noharranoharra   5  事実とは何か

事実とは何か

下記、米下院121号決議案の全文から、「アジア・太平洋戦争中の事実」に関わる部分を箇条書きに書き換えてみました。

http://ianhu.g.hatena.ne.jp/bbs/28/18


  1.  1930年代から第2次世界大戦終戦に至るまでアジア諸国と太平洋諸島を植民地化したり戦時占領する過程で、日本軍が強制的に若い女性を「慰安婦」と呼ばれる性の奴隷にした。
  2.  日本政府は1930年代から第2次世界大戦期間に、「慰安婦」と呼ばれる若い女性を日本軍に性的サービスを提供する目的で動員することを公式に委任した。
  3.  「慰安婦」制度は日本政府が責任を持つべき強制売春制度である。
  4.  「慰安婦」制度ははなはだ大規模なものであっただけでなく、「集団の性的暴行や強制流産、辱め、身体の切断や死亡、究極的に自殺を招いた性的暴行など、」顕著な残虐性を持つものだった。
  5.  残虐性と規模で前例のない20世紀最大規模のものと言いうる。
  6.  日本軍慰安婦を性の奴隷として人身売買を行った。

「日本政府は「事実に基づかない決議は日米関係に好ましくない」と議会に働きかけてきた」という文章が下記の日経新聞にあります。

http://ianhu.g.hatena.ne.jp/bbs/28/22

日本政府は上記のうち、どの項目を事実ではないと認識し主張しているのでしょうか?

参考:

1)http://d.hatena.ne.jp/Stiffmuscle/20070718/p1 例えばStiffmuscleさん紹介の加藤大使の書簡ではそうしたことは全く明瞭ではありません。

2)

http://www.kiyomi.gr.jp/kokkai/inquiry/02_a/20070605-1308.html

極東国際軍事裁判の証拠資料と安倍首相の「慰安婦」問題への認識に関する質問に対する答弁書: つじともWEB

内閣衆質一六六第二六七号

平成十九年六月五日

              内閣総理大臣 安倍晋三

衆議院議長 河野洋平殿

衆議院議員辻元清美君提出

極東国際軍事裁判の証拠資料と安倍首相の「慰安婦」問題への認識に関する質問に対する答弁書

一及び二について

極東国際軍事裁判に対しては、御指摘の資料を含め、関係国から様々な資料が証拠として提出されたものと承知しているが、いずれにせよ、オランダ出身の慰安婦を含め、慰安婦問題に関する政府の基本的立場は、平成五年八月四日の内閣官房長官談話のとおりである。

三から七までについて

御指摘の点を含め、慰安婦問題に関する政府の基本的立場は、平成五年八月四日の内閣官房長官談話を継承しているというものである。

政府慰安婦問題に対する見解は「平成五年八月四日の内閣官房長官談話のとおり」ということだそうである。

返信2007/08/01 21:42:11
  • 23事実とは何か noharranoharra 2007/08/01 21:42:11
    事実とは何か 下記、米下院121号決議案の全文から、「アジア・太平洋戦争中の事実」に関わる部分を箇条書きに書き換えてみました。 http://ianhu.g.hatena.ne.jp/bbs/28 ...
    • 26Re:事実とは何か noharranoharra 2007/08/01 23:19:46
      一行で言うと。 1、日本政府は、旧日本軍および日本政府が、満州事変開始からアジア太平洋戦争の終結までの間、植民地や占領地などの女性を本人の意思に反して「慰安婦」にし、強制的に性奴隷状態においたこ ...
    • 28Re:事実とは何か StiffmuscleStiffmuscle 2007/08/02 00:24:36
      加藤駐米大使が2007年2月17付けでラントス議長(?)に送った書簡 ちょっと見にくいですが、画像をクリックすれば大きな画像が出てきます。 LETTER DATED FEBRUARY 13, ...