従軍慰安婦の給料は高給だったのか RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

50ni0615ni0615   32  日本軍票、軍事郵便貯金、価値の下落はアメリカ占領によるものではありません

それは、わたしの主張、アメリカに占領されたので日本軍票の価値は下がった。

を裏付ける証拠ですね。

ではなぜ、軍事郵便所轄地ごとに換金率に違いがあるのですか?

関東州が一円六十銭を一円に換算し、その他の地域は一円五十銭を一円、樺太はパーで行きますから、そういう関係で行きますと、仮にまあ一円五十銭を一円で行けば三分の一であります。五千円まではパーであります。残り九万五千円が三分の二になるわけであります。

換算率の一番高いものと申しますか、中支地域でありますが、まあ二千四百分の一になるわけであります。尤も郵便貯金は終戦当時のレートで円表示になつておりますので、当時の百元を十八円に換算して通帳に記載してあります。・・・(中略)・・・中支方面の関係におきましては、かなり換算率によつて支払い金額は少くなりますが、これは儲備券が非常に下落をした、こういう実情に対応するものでありまして従つて仮に十万円の貯金を持つておりましても、額は非常に少くなるというような計算になるわけであります

もともと、軍事郵便貯金の額面どおり日本円に交換できるなら、アメリカ占領による日本軍票の価値下落は、軍票発行地の如何にかかわらず、同じ下落率でなければなりませんね。

返信2007/06/02 12:33:48