従軍慰安婦の給料は高給だったのか RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

34yubiwa_2007yubiwa_2007   27  Re:Re:Re:yubiwa_2007さんへ

lunakkoさんへ

>オウム関連の状況証拠とオウム信者の証言が一致したから信用に値する根拠になったのです。

>状況証拠だけとか、証言だけとかではありません。

へえ、そうなのですか。麻原が地下鉄や松本でサリンをまくよう、あるいは坂本弁護士一家を殺害するよう具体的に指示したことのどんな状況証拠があるのですか? 麻原が犯行を指示したことを証明する証拠となりうるのは、麻原本人が自白していない以上、犯行指示の現場にいた者の証言以外考えられませんが。

しかし、それにしても変ですねえ。lunakkoさんが仰っていたは、こうでした。↓

証言は証拠にならないのはよくご存知のはずです。

「証言は証拠にならない」のだそうで、しかもこのことは「よくご存知のはずです。」というくらい自明なのだそうです。

「証言は証拠にならない」というのですから、オウム信者の証言も有罪認定の根拠とすることはできないはずです。状況証拠と一致しようも何も「証拠にならない」のでしょ?

それなのに「信用に値する」からと有罪認定の根拠にしたのでは、証拠以外のものによって裁判を行っていることになります。「事実の認定は証拠による。」(刑訴法317条)の証拠裁判主義という近代刑事裁判の大原則に反するではないですか。

厳格な証明が要求される刑事裁判の話ですよ。「証拠にならない」ものを「信用に値する」からといって、有罪認定の根拠にしたりなどしたら大問題です。

lunakkoさんによると、オウム裁判では「証拠にならない」ものを「信用に値する」とか言って、それを根拠に有罪認定を行ったようです。ということは、麻原は冤罪なのですね?

返信2007/06/02 02:37:50