従軍慰安婦の給料は高給だったのか RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

138lunakkolunakko   137  Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:lunakkoさん、答えてください

lunakkoさん

bbs:10:133は「論」にも「説」にもなっておりません。

何故なら条文がいっさい挙がっていないからです。条文が挙がっていないということは根拠がいっさい示されていないということになります。

lunakkoさんの大好きな法学の議論において、ある論なり説を主張するなら、明文の規定を挙げるか、明文の規定がない場合にはいくつかの法律の規定の背後にそのような原理が存在することを論証することが要求されます。いずれにせよ、条文抜きでは議論が成り立ちません。

よって、

裁判における発言は、反証があって、矛盾がないことなどが確かめられて、初めて証言となるのですよ?

ですから、何度も書きますように、裁判での発言は、その発言に対して反証があった後、さらなる補強証拠の提出などで裏づけが取れた場合のみ、証言となり、証拠となりうる。といっているのです。

などと、いくら貴方が仰っても、それは「論」や「説」として認められません。

わが国の裁判は、民事にしろ刑事にしろ、法律の規定に基づいて行われております。

証拠法をご存知?って書いてますが?

民事証拠法で、ネットででも検索して、該当した本を読むべきですね。

これだけ書いてあなたが理解できないなら、あなたがそれまでの人であるという事でしょう。

残念ですが。

おそらく、慰安婦の発言を証言と記載していたので混乱を生じておられるのだと思います。

発言が事実認定されるには、裁判において、その発言に対してのやり取りがあるものです。

返信2007/06/17 14:33:08