従軍慰安婦の給料は高給だったのか RSSフィード
 

| 日記一覧 | 掲示板 | トピックツリー | キーワード | About |

132yubiwa_2007yubiwa_2007   127  Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:lunakkoさん、答えてください

lunakkoさん

まず、私の書き方がまずかったのであれば、先に謝罪しておきます。すみませんでした。

謝るべき点があればきちんと謝るという姿勢は評価しますが、具体的に何について「書き方がまずかった」として謝罪されるのですか? その点がわかりません。

しかし、あなたが最終的に何を言いたいのかがわかりません。

私のブログが間違っているから訂正せよと言いたいのですか?

慰安婦の証言が裁判で認められていることを認識せよと言いたいのですか?

もしくは、ただ単にいいがかりをつけたいだけなのですか?

lunakkoさんは慰安婦問題の議論で「証言は証拠にならない」と仰り、さらに「補強証拠がないと証言は証拠にならない」とか「告発する側とされる側の証言は等価でない」などと仰いました。

そして、それは「日本の裁判制度を参考にして」そう考えたと仰り(bbs:10:28)、さらに「通常、裁判などにおいて」そうなっていると仰り(bbs:10:26)、「法学的な議論」ということも仰っています(bbs:10:71)。

歴史論争において証言などを資料としてどう扱うかの問題で、何故、「日本の裁判制度」や「法学的な議論」が持ち出されるのか、私にはさっぱりわかりませんが、それより法学の苦手な私としては、日本の裁判制度が本当に「証言は証拠にならない」とか「補強証拠がないと証言は証拠にならない」とか「告発する側とされる側の証言は等価でない」などとなっているのかどうかに興味が湧いたのです。

そこで法学にたいへんお詳しいlunakkoさんに教えを乞いているしだいです。


それで

裁判における証言は、反証があってこそ、証拠となりうるのではないのですか?

裁判における証言は、反証があってこそ、証拠となりうる」とはどういう意味? 「裏づけがあってこそ、証拠となりうる」ならまだわかりますが、「反証があってこそ、証拠となりうる」とはいったいどういう意味?????

反証があれば、普通はその証拠の信用度は低下するのではないですか。それが逆に「反証があってこそ、証拠となりうる」とは?????

「証言が証拠とならない」のではなく、証言「だけ」では証拠とならないと言っているのです。

補強証拠や反証によって、矛盾がないと実証されれば証言は証拠になります。

ですから、それが民事裁判の話なのか刑事裁判の話なのか知りませんが、民事訴訟法あるいは刑事訴訟法の何条に「証言だけでは証拠とならない」とか「補強証拠や反証(?)によって矛盾がないと実証されなければ証言は証拠にならない」ということが書いてあるのですか?

反証のない証言は事実とは異なる場合があるのです。

その「反証のない証言」っていったい何ですか?

「裏づけのない証言は事実とは異なる場合がある」なら意味はわかるが、「反証のない証言は事実とは異なる場合がある」とはいったいどういう意味?????

(「反証のある証言は事実とは異なる場合がある」の書き間違い?)

それで結局、今回も回答をいただけませんでした。

もう一度、聞きます。

「補強証拠がないと証言は証拠にならない」というのは日本の民事訴訟法あるいは刑事訴訟法の何条に書かれてあるのですか?

「告発する側とされる側の証言は等価でない」というのは日本の民事訴訟法あるいは刑事訴訟法の何条に書かれてあるのですか?

書かれてないことはあなたもご存知なのでは?意地の悪い質問を何度されても答えられませんよ。

裁判において「証言は証拠にならない」とか「補強証拠がないと証言は証拠にならない」という条文がないことを認めるのですか?

それなら、あなたは自分が言っていたことは間違いであることを認めるということではありませんか。

あなたは、慰安婦問題の議論で「証言は証拠にならない」と仰り、さらに「補強証拠がないと証言は証拠にならない」とか「告発する側とされる側の証言は等価でない」などと仰り、それは「日本の裁判制度を参考にして」そう考えたと仰り(bbs:10:28)、さらに「通常、裁判などにおいて」そうなっていると仰り(bbs:10:26)、「法学的な議論」ということまで仰っていたのですよ(bbs:10:71)。ところが、その根拠となる法律の条文はないというのですか。

返信2007/06/16 17:42:39