Stiffmuscle@ianhu このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-06-20

FYI FYI - Stiffmuscle@ianhu を含むブックマーク はてなブックマーク - FYI - Stiffmuscle@ianhu FYI - Stiffmuscle@ianhu のブックマークコメント


敗戦後、慰安婦を看護婦に 旧軍の命令、文書で初確認 (47 News ‐2008年6月19日)

http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008061901000625.html

 第2次大戦での日本の敗戦直後、旧海軍が日本人慰安婦を、軍病院の補助的な看護婦として雇用するよう命じた通達が19日までに、連合国側が暗号解読して作成した英公文書で判明した。研究者らは、慰安婦が看護婦に雇用された際の身分が軍属だった可能性が高いとみている。敗戦時に軍属雇用するという配慮から、軍が戦中に慰安婦管理に事実上深くかかわっていたとする見方を補強する貴重な史料としている。


 従軍慰安婦問題では、政府の謝罪や補償の根拠となる当局の関与の度合いが問題となっており、今後の議論に影響を与えそうだ。「看護婦」とすることで、当局が慰安婦の存在を連合国側から隠ぺいしようとした可能性も指摘されている。


 慰安婦を看護婦としたことは元兵士らの証言や、オーストラリア人ジャーナリストの著書の中で出典不明で紹介されたことがあったが、その命令が原文に近い形で確認されたのは初めてとみられる。関東学院大の林博史教授(現代史)が英国立公文書館で発見した。(共同)


(下線は引用者)


京都新聞 2008年6月20日の紙面(第3面)

http://f.hatena.ne.jp/Stiffmuscle/20080620211136


上記記事で『オーストラリア人ジャーナリストの著書の中で出典不明で紹介』というのは、ジョージ・ヒックスの"The Comfort Women"のことです。ペーパーバック版からその部分を引用しておきます。


ヒックス書からの引用

One instance suggesting specific official concealment of evidence on the comfort system is contained in a decrypted message from Chief of Staff, First Southern Expeditionary Fleet, dated 18 August 1945 (three days after surrender) reading:

1st August, the personnel employed in connection with Japanese Naval comforts at Singapore were appointed civilian employees of 101st hospital. Most of the girls were made auxiliary nurses. Other commands under 1st Southern Expeditionary Fleet are to conform.


A similar message from Makassar in the Celebes to Civil Administration Departments dated 20 August reads: 'Japanese women in all localities are to be attached to local hospitals as nurses. When this massage is understood, burn it.'


 As this last message refers to all Japanese women (and probably colonial subjects as was customary) it may have had the wider aim of securing for them the greater degree of protection which might apply to nurses under international conventions. Then 1 August date in the first message predates the first clear signs that the end of war was imminent, so other motives could have been applied then, but the extension of procedure was clearly a reaction to the surrender. Whatever the motives, the effect was to obscure the nature of the comfort system in the immediate post-war phase.


(emphasis added)

George Hicks, "The Comfort Women: Japan's Brutal Regime of Enforced Prostitution in the Second World War", W. W. Norton & Company, 1995, pp. 152-153.


関連情報(6月26日追記)


■「御真影」など焼却命令 旧海軍、戦争責任を意識か 英公文書館で暗号解読文書(林博史先生のHPより)

 http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/books31.htm

felis_azurifelis_azuri2008/06/21 17:28トラックバックありがとうございました。
京都新聞の記事、素晴らしい情報です。吉見先生の解説も、とても参考になりました。

StiffmuscleStiffmuscle2008/06/21 19:11>felis_azuriさん
お役にたててよかったです。林先生の正式な報告と解説が待ち遠しいですね。
ヒックスの原文もリンクつきで紹介しておきました。逸話の類であったものが、事実であったということは、元「慰安婦」の方の証言の信憑性を疑う人たちへのきっついボディーブローになるのかもしれません。

dj19dj192008/06/26 00:26遅くなりましたがTBありがとうございました。ヒックスの著書は前に読んでいたんですがこの記述はすっかり忘れていました(^^;
林先生はイギリス側の資料を調査してシンガポール華僑粛清を書いているので、その延長でこの資料がでてきたのかもしれませんね。自分のような素人にはこういった資料はどう読み解けばいいのか難しいです。

StiffmuscleStiffmuscle2008/06/26 12:18>dj19さん
詳細は林先生の報告を待ちたいと思います。資料の解説もそのときに詳しくしていただけるでしょう。
ただ、軍と「慰安婦」は書面上は雇用関係にはなかったと思われます(雇用関係が明らかになれば、明確な法律違反ですので、日本政府は全面的に謝罪、賠償する以外の選択枝はない)。

 ・退却の際の軍属扱いをどう捉えるか。
 ・文書焼却の性格をどう捉えるか。
というところがポイントになるのではないかと思います。

*海軍の文書焼却について、本文のほうにリンクを付加しておきました。

なお、『慰安婦』関係の史料は米国立公文書館(NARA)には、もうほぼなさそうなことをNARA自身が言っています。
日本にはまだ未公開の史料があるんですが、政府はそれを公開しようとはしていません。

NikolasNikolas2012/06/06 05:05Holy sihzint, this is so cool thank you.

mqwoqizxbmqwoqizxb2012/06/06 16:033qwi0q <a href="http://ohgxdmomtrlx.com/">ohgxdmomtrlx</a>

tqhdoztqhdoz2012/06/07 15:59wkRO4R <a href="http://nrvbmkfazbkx.com/">nrvbmkfazbkx</a>

ezkazsezkazs2012/06/07 22:39bavttC , [url=http://whtwrxrifwnn.com/]whtwrxrifwnn[/url], [link=http://tkjjsvuttpmx.com/]tkjjsvuttpmx[/link], http://lvnrzzyjhack.com/

トラックバック - http://ianhu.g.hatena.ne.jp/Stiffmuscle/20080620