Stiffmuscle@ianhu このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-03-26

PS RES 329: トマサ・マリノグさんを讃えるフィリピン上院決議 PS RES 329: トマサ・マリノグさんを讃えるフィリピン上院決議 - Stiffmuscle@ianhu を含むブックマーク はてなブックマーク - PS RES 329: トマサ・マリノグさんを讃えるフィリピン上院決議 - Stiffmuscle@ianhu PS RES 329: トマサ・マリノグさんを讃えるフィリピン上院決議 - Stiffmuscle@ianhu のブックマークコメント


原文 http://www.senate.gov.ph/lis/bill_res.aspx?congress=14&q=SRN-329

FOURTEENTH CONGRESS OF THE )

REPUBLIC OF THE PHILIPPINES )

First Regular Session


SENATE

P.S. Res. No. 329

Introduced by Senator Loren Legarda


----------

RESOLUTION

----------

COMMENDING TOMASA DIOSO SALINOR [sic]*1 OR "LOLA MASING" FOR HER COURAGE AND UNWAVERING DETERMINATION TO PURSUE JUSTICE FOR FILIPINO COMFORT WOMEN DURING WORLD WAR II


WHEREAS, the Report of UN Special Rapporteur on Violence Against Women Radhika Coomaraswamy and the McDouggall Report on Systematic Rape, Sexual Slavery, and Slavery-Like Practice 1998 reveal that the Government of Japan during the colonial occupation of Asia and the Pacific Islands during World War II organized the subjugation and kidnapping of young women for the sole purpose of sexual servitude, known to the world as 'comfort women';


WHEREAS, Tomasa Dioso Salinog or "Lola Masing", who was born in Pandan, Antique on December 08, 10 1928 and died April 06, 2006, was one of the comfort women during the Japanese occupation of the Philippines in World War II;


WHEREAS, documentation of Lola Masing's life reveals that she was in her early teens when she was abducted by Japanese soldiers and became a victim of sexual servitude;


WHEREAS, in November 1992, Lola Masing came out and told her story to the world and started her crusade for justice;


WHEREAS, in April 1993, Lola Masing together with seventeen (17) other surviving Filipino comfort women, filed a case with the Tokyo district court to demand for justice, apology and legal compensation from Japan for the abuse committed against them during the war;


WHEREAS, in December 2003, after a series of appeals, the Supreme Court of Japan dismissed the case filed by the Filipino comfort women with finality;


WHEREAS, Lola Masing was one of those who rejected the Asian Women's Fund established by the Japanese government of Filipina, Korean, Taiwanese and Dutch women survivors, and which, critics claim, conceals and hinders state responsibility to its victims;


WHEREAS, the province of Antique created the "Lola Masing Center for Culture and Peace", a permanent place at the Museo Antiqueno, in which dedication states "an Antiqueno comfort woman who in her struggle for justice showed the world dignity despite poverty;


WHEREAS, the life of Lola Masing" serves as a lesson for all governments and the international community that wars bring only violence and women become the most violated human being in the times of war;


WHEREAS, her courage and determination to pursue justice amidst challenges and old age are noble traits that should inspire Filipinos today and are worth emulating by future generations of our nation;


NOW THEREFORE BE IT RESOLVED, AS IT IS HEREBY RESOLVED, That the Senate commends Tomasa Dioso Salinor [sic]*2 or "Lola Masing" for her courage and unwavering determination to pursue justice for Filipino comfort women during World War II.


Adopted,


(Signature)

LOREN LEGARDA

Senator


翻訳

フィリピン共和国 )

第14回国会    )

第1通常国会


上院

P.S. Res. No. 329

提出:ローレン・レガーダ上院議員


----------

決議

----------

第二次世界大戦中のフィリピン人慰安婦に対する正義を求め続けた勇気および毅然とした決意に対しトマサ・ディオソ・サリノグ、別名『ロラ・マシン』を賞賛する


「女性に対する暴力に関する国連特別報告者、ラディカ・クワラスワミの報告書」および「組織的強姦、性奴隷状態、および奴隷状態に類する慣行に関する1998年のマクドゥーガル報告書」は、日本国が、第二次世界大戦時、アジアおよび太平洋諸島を植民地支配していた期間に、「慰安婦(システム)」として世界に知られている、性的隷属状態に置くことを唯一の目的とした若い女性に対する支配および誘拐を組織的に行ったことを明らかにしているがゆえ、


トマサ・ディオソ・サリノグ、別名『ロラ・マシン』(1928年12月08日に、アンティケ州パンダンにて誕生し、2006年4月06日に逝去)は第二次世界大戦の日本によるフィリピン占領期に、そうした慰安婦のうちのひとりであったがゆえ、


ロラ・マシンの人生についての証拠資料は、複数の日本兵によって拉致され性的隷属状態の被害者となったとき、彼女は10代前半であったことが明らかにしているがゆえ、

1992年11月に、ロラ・マシンはカミング・アウトし、自身の過去を世界にむけて語り、正義を求める運動を始めたがゆえ、


1993年4月に、ロラ・マシンは、存命中の他のフィリピン人慰安婦たち17名とともに、大戦中に彼女らに対して加えられた虐待に対して日本国からの正義、謝罪、および法的賠償を要求するために東京地裁に提訴したがゆえ、


2003年12月に、一連の上訴の後、日本国の最高裁判所が当該フィリピン人慰安婦たちの上告提訴を棄却して結審したがゆえ、


ロラ・マシンは日本政府が設立した「アジア女性基金」を拒否したフィリピン、韓国、台湾、およびオランダの女性サバイバーのうちの一人であり、「アジア女性基金」は被害者に対する日本政府の責任を隠蔽・回避するものとの批判があるがゆえ、


アンティケ州は、アンティケ博物館(Museo Antiqueno)内に『ロラ・マシン文化・平和センター(Lola Masing Center for Culture and Peace』を常設し、センター内の献辞には『アンティケ州出身の慰安婦。彼女の正義を求める闘いで、貧しさをものともせず、世界に気高さを示した』と記されているがゆえ、


ロラ・マシンの人生は、戦争は暴力しかもたらさず、戦時下で最も人権を脅かされる人間は女性であるとの、全ての国の政府および国際社会に対する教訓となっているがゆえ、


幾多の困難や高齢の中でも正義を求め続けた彼女の勇気と決意は、今日のフィリピン人を勇気付づけずにはおかない気高い気質であり、わが国の将来の世代が手本とする価値があるがゆえ、


よってここに以下のように決議する。フィリピン下院は、第二次世界大戦中のフィリピン人慰安婦に対する正義を求め続けた勇気および毅然とした決意に対しトマサ・ディオソ・サリノグ、別名『ロラ・マシン』を賞賛する


可決、


(署名)

ローレン・レガーダ

上院議員


関連ニュース・ブログ

Antique honors ‘Lola Masing,’ comfort woman (INQUIRER.net, Philippine - 03/08/2008)

http://newsinfo.inquirer.net/inquirerheadlines/regions/view/20080308-123465/Antique-honors-Lola-Masing-comfort-woman

AASJA京都の活動日誌: ロラ(2007年04月10日)

http://aasjyakyoto.seesaa.net/article/38395146.html

*1:SALINOG?

*2:Salinog?