Stiffmuscle@ianhu このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-05-19

Two US Force's Report Concerning "Comfort Women" Two US Force's Report Concerning "Comfort Women" - Stiffmuscle@ianhu を含むブックマーク はてなブックマーク - Two US Force's Report Concerning "Comfort Women" - Stiffmuscle@ianhu Two US Force's Report Concerning "Comfort Women" - Stiffmuscle@ianhu のブックマークコメント


MILITARY INTELLIGENCE DIVISON W.D.G.S, MILITARY ATTACHE REPORT NEW GUINIA Jap Prostitution of Nurses Captured at Corregidor. 21 August 1944

  J. E. Copple, first mate of a tug in the Hollandia, New Guinea operation of April 1944, saw an American nurse there who had been captured by the Japanese at Corregidor in May 1942. Mr. Copple, about 45 years old, spoke with apparent truth in New Orleans, 18 August 1944. He has assumed the incident was already known to the interviewing officer.

  Mr. Copple was told by Army Officers at Hollandia that the nurse, whose name he did not learn, was forced to submit to and accompany Japanese Army officers after her capture, and was taken by them from the Philippines to New Guinea. The Japanese officers carried her with them from place to place in New Guinea until her rescue by the American forces at Hollandia. She told the American Army officers that 19 more American nurses were with the Jap forces in and around Hollandia, all in the same plight.

  The nurse probably was about 30 years old, although to Mr. Copple she looked about 70. Army officers told him her mind was about two-thirds gone.

NARA RG: 125-JAG, Box: 4-NND973092, Folder: EVIDENCE-JAPANESE #1



INTELLIGENT REPORT US Naval Indian Officer, 19 October, 1944 Japanese Behavior in the Netherlands East Indies; Interrogation of POW's

  As most of the reports on this subject have come form Indonesians, it might be thought that they are too exaggerated. We therefore quote below part of an interrogation report of some German Pa******1.


  "Conditions were even worse in Java and the Dutch East Indies than they were in Japan. The carefully tended plantations had been allowed to grow wild and had fallen into a state of ruin and despair.


  "Worst of all, said the First Mate, German and Dutch women who had not fled before the Japanese, had been herded into a camp where they were kept without any means of subsistence. By reducing them to starvation level it was hoped that they would eventually agree to enter Japanese brothels. It was the ambition of every Japanese officer to keep a Dutch or German mistress so that he might satisfy his race-consciousness. When there were not enough white women in the brothels to go round, Japanese soldiers had often entered the camp and selected the women of their choice.


  "A large number of women had hoped to escape the brothels by accepting work as barmaid and entertainers in public house and dancing hall. Here they were brutally beaten and punched in the face if they rebuffed advances.


  "The price of a German woman was fifty yen. White women and half-castes were reserved for the Japanese. Visiting Germans had to be content with native girls.


  "Summing up, the First Mate, a loyal German, said that in his opinion the Japanese were a bunch of mendacious heathen yellow monkeys and he was bitterly shamed that they were the Allies of his country."

(Source: Interrogation Survivors X.X. 0XXXX {XX}

NARA RG: 125-JAG, Box: 4-NND973092, Folder: EVIDENCE-JAPANESE #1

*1:unreadable seethe original copy f:id:Stiffmuscle:20090519142250j:image

2008-11-03

A Lady Interperter between U.S. Army interrogators and Korean "Comfort Girls" in Myitkyina A Lady Interperter between U.S. Army interrogators and Korean "Comfort Girls" in Myitkyina - Stiffmuscle@ianhu を含むブックマーク はてなブックマーク - A Lady Interperter between U.S. Army interrogators and Korean "Comfort Girls" in Myitkyina - Stiffmuscle@ianhu A Lady Interperter between U.S. Army interrogators and Korean "Comfort Girls" in Myitkyina - Stiffmuscle@ianhu のブックマークコメント

  ・・・・・・ I talked with Grant Hirabayashi, a Japanese American currently living in Silver Spring, Maryland, who served as a U.S. Army interpreter in Burma. When Myitkyina, Burma fell on 3 August, 1944 to the army led by Joseph S. Stilwell, they found some twenty girls still there. "I don't know how many had been there. I am pretty sure that some of them tried to raft down the Irrawaddy and were killed by Allied marksmen and by fleeing Japanese troops. Anyway, when those girls were picked up by our forces, some one called me and said that there were a 'bunch of girls.' That excited many Chinese and American solders who had not seen a woman for quite some time. But the military police quickly separated them from other prisoners of the war and put them in tents inside guarded barbed wire, which make me think of my parents in the internment camp in the United States.

  "I was called in to interpret and interrogate. Though dressed in baggy pants and shapeless tops, many in fear, anxiety and bewilderment, they were quite good looking and some really pretty. An elderly woman wearing a traditional Japanese kimono was with them. I spoke with the Mama-san who translated into Korean. As far as I could tell, all of them were Korean including the Mama-san*1. She spoke Japanese with me but it was heavily accented.

  "I noticed that the elderly woman's obi (the traditional sash) was full as if she were pregnant but I knew that she wasn't. She was too old. I cautiously asked her to unwind the obi which she did and out came neatly wrapped bundles of paper currency. She explained that she kept all the girls' money on her person for safe keeping. I picked up a bundle. The bills were still warm but they were Japanese scrip, military issued currency. I felt such pain to see the anxious faces of the Mama-san and the girls. I spoke to the woman as gently as I could, 'Because the Japanese were defeated, this is worthless.' I can't possibly describe the total disbelief slowly turning into despair on their faces."


Dai Sil Kim-Gibson "Silence Broken: Korean Comfort Women", 1999, Mid-Prairie Books, pp.54 – 55.

(emphasis added)

*1:I went back to interview Mr. Hirabayashi on video camera in October 1996. He told me that he had been wrong about Mama-san. He learned that she was Japanese, not Korean.

MarishaMarisha2012/06/06 02:13Very true! Makes a chgnae to see someone spell it out like that. :)

bcvtrdlknfbcvtrdlknf2012/06/06 15:533ctVEG <a href="http://clegiqldphdb.com/">clegiqldphdb</a>

yyispvwyyispvw2012/06/07 16:38m8n9o8 <a href="http://ncxqgqrlptvj.com/">ncxqgqrlptvj</a>

tpmcikkubxtpmcikkubx2012/06/07 23:08zjI20S , [url=http://dzpplagbekgu.com/]dzpplagbekgu[/url], [link=http://spfrqazqeizn.com/]spfrqazqeizn[/link], http://uzjbnxqtqbyp.com/

トラックバック - http://ianhu.g.hatena.ne.jp/Stiffmuscle/20081103

2008-09-26

韓国における「挺身隊」と「慰安婦」の認識 韓国における「挺身隊」と「慰安婦」の認識 - Stiffmuscle@ianhu を含むブックマーク はてなブックマーク - 韓国における「挺身隊」と「慰安婦」の認識 - Stiffmuscle@ianhu 韓国における「挺身隊」と「慰安婦」の認識 - Stiffmuscle@ianhu のブックマークコメント


千田夏光『従軍慰安婦 正篇』、三一書房、1978年(オリジナルは1973年、双葉社)

 「日本で朝鮮の挺身隊のことが問題になったことがあるのですか」

 「正直のところ挺身隊という言葉のあること、そしてその挺身隊という言葉が、慰安婦と同義語として韓国でうけとられていることを私は初めて知りました。また、慰安婦という言葉を知っている人がいたとしても、普通の売春婦と同義語と思っている日本人の方が多いと思います」

 「韓国でも若い人はもう知りません。知っているのは40代以上ではないかと思います。私も資料を読んで知ったのです」

 「韓国で関心を持つ人はいないのですか」

 「朝鮮戦争とかいろんなことがありましたから。それに今の韓国は重大な問題が沢山ありますし、そのことに目を向ける暇が無いのです」

 「でも・・・・・・・」

(127~128ページ)


金一勉『天皇の軍隊と朝鮮人慰安婦』、三一書房、1976年

 筆者は「朝鮮人の軍隊慰安婦」と銘打ってきたが、じつは朝鮮では“慰安婦”という用語さえ知らない。それは通用しない語である。ただし、日本戦争中の「女子挺身隊」といえばわかるのだ。ということは、朝鮮総督府の官憲らは、“内鮮一体”をわめきながら戦地で働くといって「女子挺身隊募集」をやったのであって、けっして軍隊慰安婦(女郎)といった名目で女たちを募ってはいないからである。つまり、ことごとくウソ八百をならべて騙して連れていったことを意味する。したがって「慰安婦」といっても朝鮮ではわからない。


(274~275ページ)


伊藤孝司『証言 従軍慰安婦・女子勤労挺身隊』、風媒社、1992年

 朝鮮人「従軍慰安婦」と朝鮮「女子勤労挺身隊」は、未だに混同されている場合がある

 兵隊の相手をさせられるために連行された「慰安婦」たちは、軍の指示を受けた民間人に「工場・食堂で金儲けできる」とだまされたり、誘拐された場合もあった。それだけでなく軍が直接トラックで田舎を回って見つけた女性をかたっぱしから捕まえる「人狩り」をしたこともあった。

 連行された先も、日本が占領・統治した地域すべてに、しかも戦闘の最前線にまで及んだ。また、日本国内の基地にある「慰安所」にも連れて行かれている。

 これに対し「勤労挺身隊」は、「国民学校」の在校生・卒業生が対象にされた。つまり学校を介して「募集」がおこなわれたのである。彼女らは植民地下において、「国民学校」に通えるだけの経済力があった家庭の子どもたちで、「金儲け」よりも「女学校の卒業証書」でだまされて連れて行かれた。しかも、「慰安婦」にされた女性たちよりも、年齢は低かったと思われる。

 このように「慰安婦」と「挺身隊」とでは、人の集め方など基本的なところに明らかな違いがあった。しかし、この二つには非常に近い部分もあったのである。

 本書に証言を収めている李在允(イ・ジュエン)さんは、だまされて「慰安婦」にされそうになったものの、背があまりにも低かったのでまぬがれた。そして朝鮮内の軍需工場へ連れていかれた。

 また、姜徳景(カン・トクキョン)さんは、富山の「不二越」から3回にわたり逃亡をはかったが捕まってしまい、日本国内の「慰安所」で働かされている。

 そして、日本国内の数ヶ所の「慰安所」を次々と移された沈美子(シム・ミジャ)さんは、自分のように学校で「反日的」として「慰安婦」にされた女性は、全体の1割もいたと語っている。

 つまり、「従軍慰安婦」と「勤労挺身隊」は、連れて行かれた先が「慰安所」なのか軍需工場なのかは、まったくの紙一重の差だったといえよう。

 「慰安婦」の実態が、日本の敗戦から半世紀近くも明らかにならなかったのは、当事者たちがあまりにもいまわしい過去を語らなかったこともあるが、日本政府が他の朝鮮人強制連行以上に、徹底してその事実を隠していたことが大きい


(75~77ページ)

SteffiSteffi2011/05/29 21:00Kudos to you! I hadn't thouhgt of that!

StiffmuscleStiffmuscle2011/05/29 23:48Hello, Steffi

Thank you for your comment.

For both the issue of the term refereed to comfort women in Korea back then -teishintai (chongsindae in Korea) or ianfu (wianbu)- and the issue of chonsindae-wianbu cases (only five cases have been confirmed according to C. Sarah Soh), I recommend you to read the following two books:

1) C. Sarah Soh. The Comfort Women. Univ of Chicago Pr (Tx), 2009.
 (Please keep in mind that this book includes a number of severely-biased
 interpretations and descriptions by the author.)

2) 鄭 鎭星『日本軍の性奴隷制―日本軍慰安婦問題の実像とその解決のための運動』
 2008年、論創社。

DevaDeva2012/08/15 06:07Well done article that. I'll make sure to use it wesliy.

aoaswayjfceaoaswayjfce2012/08/16 01:15FGcVIC , [url=http://zlxrjuuwttsw.com/]zlxrjuuwttsw[/url], [link=http://pkpwvlhgeyau.com/]pkpwvlhgeyau[/link], http://obggrwrkesba.com/

ygftvslbygftvslb2012/08/16 14:528UsckQ <a href="http://giumqjnwbejh.com/">giumqjnwbejh</a>

iapcbqfiapcbqf2012/08/17 03:32xQgTXw , [url=http://ytohhmpocoah.com/]ytohhmpocoah[/url], [link=http://oelzorxlkeck.com/]oelzorxlkeck[/link], http://xzwqwwmohhwy.com/

トラックバック - http://ianhu.g.hatena.ne.jp/Stiffmuscle/20080926

2008-09-04

「東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件(国際連盟『ジョンソン報告書』関連文書)へのアクセス 「東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件(国際連盟『ジョンソン報告書』関連文書)へのアクセス - Stiffmuscle@ianhu を含むブックマーク はてなブックマーク - 「東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件(国際連盟『ジョンソン報告書』関連文書)へのアクセス - Stiffmuscle@ianhu 「東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件(国際連盟『ジョンソン報告書』関連文書)へのアクセス - Stiffmuscle@ianhu のブックマークコメント


アジア歴史センター

1 国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件 第一巻

【 階層 】外務省外交史料館>外務省記録>B門 条約、協定、国際会議>9類 国際連盟

【 レファレンスコード 】 B04122142900


2 国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件 第二巻

【 階層 】外務省外交史料館>外務省記録>B門 条約、協定、国際会議>9類 国際連盟

【 レファレンスコード 】 B04122143300


3 国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件 第三巻

【 階層 】外務省外交史料館>外務省記録>B門 条約、協定、国際会議>9類 国際連盟

【 レファレンスコード 】 B04122143700


4 国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件 第四巻

【 階層 】外務省外交史料館>外務省記録>B門 条約、協定、国際会議>9類 国際連盟

【 レファレンスコード 】 B04122144200


5 国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件 第五巻

【 階層 】外務省外交史料館>外務省記録>B門 条約、協定、国際会議>9類 国際連盟

【 レファレンスコード 】 B04122144700


6 国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件 第六巻

【 階層 】外務省外交史料館>外務省記録>B門 条約、協定、国際会議>9類 国際連盟

【 レファレンスコード 】 B04122145300


7 国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件/準備調査(売笑婦ノ実情取調ノ件)

【 階層 】外務省外交史料館>外務省記録>B門 条約、協定、国際会議>9類 国際連盟

【 レファレンスコード 】 B04122145800


8 国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件/準備調査(売笑婦取締法規取調ノ件)

【 階層 】外務省外交史料館>外務省記録>B門 条約、協定、国際会議>9類 国際連盟

【 レファレンスコード 】 B04122146400


9 国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件/準備調査(売笑婦取締法規取調ノ件)(表紙)

【 階層 】外務省外交史料館>外務省記録>B門 条約、協定、国際会議>9類 国際連盟>国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件/準備調査(売笑婦取締法規取調ノ件)

【 レファレンスコード 】 B04122146500 【 年代域 】 【 画像数 】 29


10 国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件/準備調査(婦女売買業者取調ノ件)

【 階層 】外務省外交史料館>外務省記録>B門 条約、協定、国際会議>9類 国際連盟

【 レファレンスコード 】 B04122146600


11 国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件/準備調査(婦女売買業者取調ノ件)(表紙)

【 階層 】外務省外交史料館>外務省記録>B門 条約、協定、国際会議>9類 国際連盟>国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件/準備調査(婦女売買業者取調ノ件)

【 レファレンスコード 】 B04122146700 【 年代域 】 【 画像数 】 23


12 国際連盟婦人児童問題一件/東洋ニ於ケル婦女売買実施調査ノ件/東洋ニ於ケル婦女売買実地調査ノ件(本邦関係調査報告書並帝国意見書)

【 階層 】外務省外交史料館>外務省記録>B門 条約、協定、国際会議>9類 国際連盟

【 レファレンスコード 】 B04122146800


ジョンソン報告書について:市川房枝の解説

 1931年(昭和6年)5月、国際聯盟から派遣されて婦人児童売買実状調査団が来日した。一行のジョンソン団長は米国社会衛生協会の役員で弁護士、ピンドール委員はポーランドの東洋通の外交官、サンクエスト女史はスウェーデンの医師で性教育の権威、廃娼運動にも参加している。国際聯盟社会部のシュミーデン氏とマーシャル秘書、ジョンソン夫人の6人である。前年9月にジュネーブをたち、シンガポール、バンコック、サイゴン、マニラ、中国、朝鮮を調査して日本に到着した。調査団の来日は、民間の廃娼運動家たちには激励となり、政府には廃娼への緊張感を持たせ、遊廓側には警戒心を強めさせた。一行は救世軍や矯風会を直接訪問して事情聴取し、関係官庁を調査訪問、新橋の芸妓学校、吉原の妓楼、吉原病院の見学などを行なった。廃娼運動家たちは歓迎会を開き、同じころ開かれた第6回全国廃娼同士大会も意気あがり、「婦女禁売条約*1の適用地域より帝国が今尚朝鮮、台湾、関東州、樺太等を除外し居るは条約の効果を減じ帝国の体面を損するものにつき、政府は速やかに之を廃止すべし」と決議して政府におくり、合わせて決議と大会資料の英訳を調査団に提出した。1ヶ月の滞在中、一行は各地を視察したが、大阪では婦人ホームで、その朝駆け込んだ娼婦2人を見舞い、飛田遊廓を視察、レスキュー・ミッションでは収容中の自由廃業娼妓の手内職を見学するなど的を射た視察をしている。

 調査団の報告書の、日本に関する部分が六-32*2である。調査団の主目的は国際的婦女売買の調査にあったから、国際売買被害者としての国外醜業婦、接待婦が最初にとりあげられ、次に国内状況に及んでいる。「日本には醜業婦のための特別紹介業が法律で許可されている。・・・・・この周旋業者を通して支那の妓楼にも紹介される。故にこれら周旋業者は何ら非合法、又は秘密な方法を用いる必要はない」「妓楼の存在は人身売買を激化するものである。故に国際人身売買を撲滅せんとせば、公認妓楼を廃止せねばならない」と、報告書にあり、日本は世界に公娼国たることを喧伝されたことになり、政府に対してはよき警鐘になったと思われる。この報告書の発表が機縁となって官民合同の売笑禍防止協会が組織され、内務省は警察部長会議で廃娼断行を積極的に討議している(六-34*3)など、廃娼の気運は盛り上がっていった。


市川房枝 編集・解説『日本婦人問題資料集成〈第1巻〉人権 (1978年)』ドメス出版、1978年、60~61ページ

*1:『婦人及児童の売買禁止に関する国際条約』のこと。

*2:『ジョンソン報告書要綱』。市川書、477~484ページ

*3:『内務省当局断行を声明(『婦人新報』 第435号)』。市川書、486ページ

BobboBobbo2011/10/03 00:53I really appreciate free, succinct, rleiable data like this.

tmlknmfvrtmlknmfvr2011/10/03 18:09TGI7ju <a href="http://byapdovagnij.com/">byapdovagnij</a>

jbipzrjbipzr2011/10/05 00:28fXeJxd , [url=http://brgacrllnhxk.com/]brgacrllnhxk[/url], [link=http://hyiwirfajryc.com/]hyiwirfajryc[/link], http://hxbegtpweiqw.com/

fhwccmsvfhwccmsv2011/10/06 18:34K277uI <a href="http://apjwhzaagzge.com/">apjwhzaagzge</a>

yxwtnyyxwtny2011/10/07 01:55hxCblS , [url=http://jzxeqnxzwdwt.com/]jzxeqnxzwdwt[/url], [link=http://adglafsnvafv.com/]adglafsnvafv[/link], http://hswcuftsvysh.com/

2008-08-20

「慰安婦」「挺身隊」「処女供出」 「慰安婦」「挺身隊」「処女供出」 - Stiffmuscle@ianhu を含むブックマーク はてなブックマーク - 「慰安婦」「挺身隊」「処女供出」 - Stiffmuscle@ianhu 「慰安婦」「挺身隊」「処女供出」 - Stiffmuscle@ianhu のブックマークコメント


尹明淑『日本の軍隊慰安所制度と朝鮮人軍慰安婦』(明石書店、2003年)、295~298ページより*1


<表 5 - 1 >朝鮮人元慰安婦の被徴集における時代状況からの被徴集要因*2

名前徴集形態関連事項徴集当時の状況徴集年度
裴 就職詐欺官憲介入女工募集人という人が区長宅で酒宴をした翌日いなくなったあと、班長・区長が勧誘。実母と継父黙認。親たちに虐待されており、家を出たかった。1938
黄 詐欺・強制班長の妻は女中先の女主人(「養母」に日本の軍需工場に3 年契約で行けば金儲けもできるし、各戸で一人は必ず行くべきと強制した。結果、父の薬代による負債を返済したいと思い、「養母」の娘代わりに「志願」1941
金 詐欺・強制村の区長・班長と日本人軍属(?)が息子がいないなら、挺身隊に娘を出せ!そうしないと「非国民」であり、ここには住めなくなると脅迫。テイシンタイは軍服工場で3 年間働くことだと言われ、書類に印鑑を押せと強要された。姉3 名は日本人に連行されるとすでに結婚。1941
崔 詐欺・強制(1)町内会の男が家に来て無職だと挺身隊に行かされるし、就職すれば稼げて挺身隊に行かなくて済む (2)徴用されて広島にいる兄にも会えると言われた。(3)母は反対したが隠れて「応募」1945
尹 詐欺・強制警官良い所に就職させてあげるから座って待つように言われた(女工の転職先を訪ねた帰り道、警察署の前を通ったら巡査に呼ばれた。夜になって軍用トラックが来て2 名の軍人に連行された。警察署にいた3、4 名の女性と一緒に)1943
李 就業詐欺処女供出「処女供出」という噂があり、それを避けるために書類上の結婚をしたが、既婚者の振りをするのも苦に思われ、反対する良心を説得。1938
呂 拉致日本人が女性を連行していくとの噂があったが、病気の父のために在宅。家に来た朝鮮・日本人巡査と軍人5、6 人に銃剣をつきつけられて連行。他の女性は皆隠れたので、同村では本人のみ。1939
姜 拉致処女たちを連行するとの噂があり、火葬場で隠れていたが、祖母が皇国臣民誓詞が暗唱できなくて配給をもらえないと弟に言われ帰宅。母に年齢が低い(13 歳)から大丈夫だと言われた。配給をもらった数日後、巡査1 名と憲兵3 名が家に来て暴力的に連行。1941
金 詐欺・暴力1944 年9 月初め頃、伯父に「最近処女を連れていく人が多いとう噂がある」と言われ、天井裏部屋に隠れていた。お腹がすき降りて昼ご飯を食べていたら、伯父宅に来た朝鮮人と日本人2 組が日本の工場で1 年間働くと言いながら、両脇を掴み強制的に連れ出した。1944
朴 就業詐欺慰問団慰問団募集(夫が人事紹介所に身売り→他の人事紹介所に転売→本人の前借金は朝鮮では稼げない大金だと言われ返済したい)1942
姜 憲兵の逮捕・連行女子勤労挺身隊女性勤労挺身隊の富山不二越工場から逃走中憲兵に逮捕(44 年6 月、吉野国民学校高等科1 年の担任に挺身隊は勉強も金儲けもできるといわれ志願、母は猛反対)1945
金 (女子勤労挺身隊)富山不二越で働き、空襲により作業ができなくなり青森県に移動、軍隊慰安所。(1944 年4、5 月頃の6 年生のとき、ソウルの光熙初等学校の校長に挺身隊として行けと言われた。母は猛反対したが、勉強できると言われて決めた。壮行会はなく、ソウル駅が集合地)1945 ?
朴 女子勤労挺身隊慶南の陜川初等学校6 年の担任に日本で勉強させてあげると言われて志願、母は猛反対。約一ヵ月後、担任と見知らぬ男性が家に来て連行。神社での壮行会後、日本の富山で半月間訓練をうけたが、工場には行かず軍隊慰安婦にされた。1944. 9

出典:『証言 強制的に連行された朝鮮人軍慰安婦たち』、『証言II 強制的に連行された朝鮮人軍慰安婦たち』


尹明淑氏の解説より

 官憲や警察による徴集は、強制や暴力をともなう場合が多かった。同時に、軍隊慰安婦であることは知らせず、「挺身隊」、女工募集や軍需工場への職業斡旋であるかのように詐欺を働いていた。「挺身隊」は、様々な労務動員の歳に用いられた言葉であり、班長や区長の「介入」による徴集の場合、より強い強制力を発揮したであろう。

・・・人員動員のための様々な戦時政策が公布されていく時代状況は、官憲の「介入」による軍隊慰安婦の徴集のみならず、民間人徴集業者による徴集にも巧みに利用された。日中戦争後、朝鮮民衆のあいだでは、官憲が戦争のために未婚女性の体を犠牲にしているという「流言」が流布していた。民衆の「流言」は、マスコミとはほとんど無縁の生活をしていた朝鮮の大多数の民衆にとって、もっとも身近な情報源であった。また、「流言蜚語」「造言飛語」「不隠言動」という名で呼ばれた民衆相互の口コミは、生活実感からの「驚くほど鋭敏で、積極的な反応を示した」ものであった*3。民衆は、未婚女性の動員に対して強い不安や反感を持っていたのであり、徴集業者はこのような民衆の心理を巧みに利用したのである。

 当時の新聞には「徴用」の同意語として「供出」という用語が用いられており、一般民衆は未婚女性の動員を「処女供出」と表現していた*4。朝鮮語で「処女」は未婚女性を指す総称であり、「供出」は官憲による強制的な動員を意味する言葉である。また、「挺身」という言葉自体の意味は「自ら進み出ること、自分の身を投げ出して物事をすること」であり*5「挺身隊」という用語は、男女の区別なく用いられ、特定団体を示す語ではなかった。「挺身隊」という用語が使用され始めたのは、1940年11月13日付け『毎日新報』に「農村挺身隊」の結成が報じられた記事のようである*6。また「挺身隊」は、「婦人農業挺身隊」、医師や看護婦を対象にした「仁術報国の挺身隊」、「漁業挺身隊」、文化、商工、報道、運輸、金融、産業などの32団体で結成されたという「半島功報挺身隊」というふうに、女性動員を含む、さまざまな人的動員に対して用いられていた*7

 「女子勤労挺身隊」、「女子挺身隊」、「勤労挺身隊」、「挺身隊」、「処女供出」という言葉がそく軍隊慰安婦を指す言葉ではない。しかし、朝鮮の解放以降、軍隊慰安婦問題が社会的問題として表面化した1990年代初めでも、一般民衆が「挺身隊」を軍隊慰安婦の同義語として認識していたことは事実である*8。朝鮮人のこのような認識がどこから由来したか確かではない。しかし少なくとも、当時の民衆にとって、「挺身隊」や「処女供出」は「徴用」と同義語であった。そして、「処女供出」を避けるため、家や村を離れて隠れたり、親たちは年頃の娘の結婚を急がせた。

 <表 5 - 1 >の「処女供出」という言葉から察せられるように、一般民衆の中に未婚女性の動員に関する情報が流れており、既婚女性なら「徴用」されずに済むと認識されていた。

 同表の「官憲介入」と「処女供出」欄にあるように、「国のため」の勤労動員や「挺身隊」であると脅迫されて徴集されたり、逆に、「挺身隊」を逃れることができるという詐欺で徴集されたりした。軍慰安婦の徴集は「挺身隊」の名の下で行なわれたのである


関連資料


*1:強調は引用者

*2:引用者により一部改変

*3:宮田節子『朝鮮民衆と「皇民化」政策』11~49頁(未来社、1985年)

*4:1943年9月、女子挺身隊の結成が次官会議で決定され、その内容が次のように報じられている。「女子勤労挺身隊を結成させ、供出させる」。「女子挺身隊をつくってそれぞれ緊急なところへ供出します」(強調は引用者、原著では著者による傍点)(『毎日新報』1943年11月26日、27日

*5:新村出編『広辞苑 第四版』(岩波書店、1995年)の定義による。

*6:余舜珠「日帝末期の朝鮮人女子勤労挺身隊に関する実態研究」2頁

*7:『毎日新報』1941年3月4日、9月18日、1942年3月19日、1944年1月26日。

*8:「韓国挺身隊問題協議会」(1990年11月16日発足)の名称からうかがえるように、1990年代初頭まで、韓国で挺身隊は軍隊慰安婦の同義語として認識されていた。韓国の全国紙の記事にも軍隊慰安婦のことは挺身隊という用語をもって報道された。このような認識は、日韓両国において軍隊慰安婦問題が本格的に社会問題として浮上する以前の、1980年代の韓国の歴史研究書でも同様であった。軍隊慰安婦問題は、「女子挺身隊(または女子勤労挺身隊)」の項目で記述されていたり、「女子挺身隊(または女子勤労挺身隊)」として動員された女性は、軍需工場に送られる場合と慰安婦として連行される場合があると説明されていた。あるいは、ルポや証言集などに「女子挺身隊」は「従軍慰安婦」を意味する言葉として使用されていた。このような認識から、「女子挺身勤労令」の資料が一般にも広く知られるようになった90年代初頭には、同法令が軍隊慰安婦の徴用のための法令として認識されることさえあった。(1)姜萬吉「日本軍『慰安婦』の概念と呼称問題」13頁(韓国挺身隊問題対策協議会真相調査研究委員会編『日本軍「慰安婦」の真相』歴史批評社、1997年)、(2)余舜珠「日帝末期の朝鮮人女子勤労挺身隊に関する実態研究」2頁、(3)韓百興『実録女子挺身隊、その真相』(芸術文化社、1982年)、(4)韓国史辞典編纂委員会編『韓国近現代史辞典』(カラム企画、1990年)、(5)李炫煕「今年度の韓国近現代史の争点・1992年4月~9月」199~204頁(韓国近現代史研究所『争点韓国近現代史』第1号、1992年、(6)伊藤孝司編著『証言従軍慰安婦・女子勤労挺身隊』10~72頁(風媒社、1992年)